ニュース

SAMSUNG、1233dpi相当の新型MRヘッドセット「HMD Odyssey+」を発表

韓国のSamsung Electronicsは現地時間の10月22日、Microsoftの「Windows MR」に対応したMRヘッドセット「HMD Odyssey+」を発表しました。

1233dpi相当という超解像度!? その秘密は「アンチ・スクリーンドアエフェクト」にあり

まだ現バージョンの「Odyssey」すら日本で発売されていない(Amazonでの購入は可能ですが、日本法人での正規販売はされていません)のに、サムソンさんはまたもや衝撃的な新バージョンをリリースします。まずは先だって公開された公式映像から。

現時点で公開されているスペックは、

  • 3.5インチAMOLEDディスプレイ、1440x1600pxが2枚
  • 視野角110度
  • 6DoFのインサイドアウト・ポジショントラッキングに対応
  • Windows MR準拠

ということで、現行のOdysseyと同じ……なのですが、一番の改良点はそのディスプレイにあります。その名も「アンチ・スクリーンドアエフェクト」技術(Anti SDE)。

スクリーンドアエフェクト(スクリーンドア効果・Fixed Pattern Noise)とは、VRHMDをかぶって視聴しているうちに、ディスプレイの微細な網目模様(格子模様)が見えてしまう現象のこと。没入感を損なう原因になったり、VR酔いを引き起こす原因の一つともされていて、各社はどうにかしてこのスクリーンドア効果を軽減させようと躍起になっています。

単純に解像度が上がれば解決するのですが、そう簡単にはいきませんで、液晶・OLEDディスプレイ上にある画素(サブピクセル)の並べ方を変えたりするなどの手法が取られます。

今回サムソンさんが取った手法は、各ピクセルの間にあるスペースをぼやかすような処理を行うことで、網目模様そのものを見えずらくして解消する、という方法のようですね。

この「Anti SDE技術」により、1,233dpi相当の解像度を実現する、としています! 従来のOdysseyが616dpiですから、単純に倍の解像度相当の視覚体験ができますよ、という次第。

お値段は据え置きの499米ドル。はたして日本での販売や如何に!?

これにより、Windows MR系統のHMDとしては他社に比べて頭一つも二つも抜け出した格好となります。

気になる販売価格はアメリカにて499ドル(約5万6000円)と、現行バージョンと同価格。すでにMicrosoftストアとSamsung.comで発売が開始されておりまして、アメリカをはじめ韓国、中国、香港、ブラジルなどでも購入が可能になっています。

一番の関心事は、果たして日本での販売は実現するのか、ということですね! 現時点で日本での販売について公式な情報は全く出ておらず、現行品も正規販売されていないところを見ると、望みは薄いかな……? 続報に注目しましょう!

記事元:SANSUNG プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2019/10/16追記 Googleより「DayDream」の終了が発表されたため、下記の種類のうち「6番」を削除しました ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head M ...

2

【2019年10月25日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.