ニュース

「Virtual Ocean Project」、水中ドローンを活用した海洋VRコンテンツ第1弾を箱根園水族館にて開催

投稿日:

「Virtual Ocean Project」製作委員会は23日、最新のIT技術と水中ドローンを用いて、新しい海洋VRコンテンツを世界に発信するプロジェクト「Virtual Ocean Project」として第一回の常設展示を2019年8月18日(日)~31日(土)まで箱根園水族館にて開催することを発表しました。

バルスの「どこでもVTuber」システムを使用! 水中ドローンで海底を一望!

Virtual Ocean Project」は、最新のIT技術と水中ドローンを用いて新しい海洋VRコンテンツを世界に発信するプロジェクト。“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環で実施しておりまして、VRコンテンツ体験を通して、海の素晴らしさと、今起こっている問題について幅広い世代へ伝えていくことを目的にしています。

日本財団「海と日本プロジェクト」とは、2015年に「海の日」20回目を記念し、日本財団の主導で推進しているプロジェクト。次世代を担う子どもたちを中心として多くの方々に「海の日」の意義について認識を深めてもらうとともに、海への好奇心を持ってもらい、行動を起こすムーブメントを作り出すことを目指しています。この一環として行われているのが「Virtual Ocean Project」というわけ。

本年度のイベントでは、水中ドローンの360度リアルタイム映像とVR技術を組み合わせ、まるで水中ドローンに乗り込んで、水族館の水槽の中を泳いでいるかのようなVR体験をしていただくことができる……という内容になっています。水中ドローンは、実際に体験者がVR空間内より操作することが可能になっています。

VR空間内ではプラスチックごみ問題などの解説動画をご視聴いただき、現在の海洋問題について自然と学ぶことができます。また、水中ドローンからの映像はYouTube Liveを通して配信。世界中のユーザーも疑似体験していただく予定とのことです。

さらに! 本プロジェクトのイベント会場ではバーチャル展示員がお客様をご案内します。このバーチャル展示員システムを支えているのが、バルス株式会社さんのVirtual YouTuberシステム「どこでもVTuber」。3Dキャラクターがリアルタイムでお客様と会話をしたり、VR体験のサポートをしたり、多様なコミュニケーションを実現しているそうです。

このイルカさん、すでに公式TwitterやYouTubeチャンネルを持っておりまして、お名前が「イルカのブッチくん」! まるでVTuberじゃないっすか!

以下概要!

Virtual Ocean Project概要

<日時>
2019年8月18日(日)~8月31日(土) ※体験できる時間帯については、公式HPで随時お知らせいたします。

<会場>
箱根園水族館 海水館(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139)

<アクセス>
・車
東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路経由で52km(平常時約1時間)
東名高速道路御殿場ICから乙女峠経由で24km(平常時45分)
小田原方面からのアクセスは、箱根新道の利用が便利です(2011年より通行無料となりました)。
・バス
小田急箱根高速バスで新宿駅西口から平常時2時間25分、「箱根園」下車
小田急箱根高速バス(時刻表・運行状況など)はこちら
・電車
東海道新幹線小田原駅から伊豆箱根バスで1時間20分
小田急ロマンスカー箱根湯本駅から伊豆箱根バスで1時間5分

<体験料>
無料
※箱根園水族館の入場には料金がかかります。(おとな/¥1,500、こども(4才~小学生)/¥750)

<公式サイト>
HP      : https://www.virtualocean.jp
Twitter    : https://twitter.com/Virtual_Ocean
YouTube    : https://www.youtube.com/channel/UCYjwDy9ihQzcxuJPbKSTxZg/
箱根園水族館HP: https://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/suizokukan/

※VR体験には年齢制限がございます(7歳以上)。
※水中ドローンは1台のため、ご体験いただける人数には限りがございます。予めご了承ください。
※展示スペースでは、VR体験者のお客様以外も、モニター等で映像が楽しめる内容となっております。
※配信環境等により、YouTube Liveでの配信ができない場合がございます。
※イベント中はメディア取材が入る可能性があり、写真にお客様が写りこむことがございます。予めご了承ください。
※その他、VR体験に関する注意事項は、公式HPをご覧ください。

ということで、バルスさんの「どこでもVtuber」活用事例が早くも稼働を始めましたね! 日本財団によるプロジェクトというだけありまして、大掛かりな内容になりそうです。年内には第2弾も予定されてそうですので、今後に期待しましょう!

記事元:海を身近に!水中ドローンを活用した 海洋VRコンテンツを世界中へ発信! 「Virtual Ocean Project」始動! -PRTIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / VRヘッドセット / VRゴーグル」が販売または配布されていますが、これらをザッと ...

2

【2019年7月19日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.