ニュース

ソニー、3DCG映像を裸眼で見られる「空間再現ディスプレイ」『ELF-SR1』を発売

こりゃまた、ソニーさんがすごいものを出してきました……。

ソニーは16日、高精細の3DCG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR)※1ディスプレイ『ELF-SR1』のリリースを発表しました。発売開始は10月31日から、価格はオープン価格となっていますが、各メディア三によると「約50万円前後」のようです。

「ルキグラス」に対するソニーの回答、それが「空間再現ディスプレイ」だ!

Looking Glass Factory、グループビューを可能にした #ルキグラス の新製品「Looking Glass 8K Immersive Display」を発表【取材レポート】

うわああああああああああああ! やべーの出た!!! 業界初のデスクトップ・ホログラフ・ディスプレイの開発製造を手掛けるLooking Glass Factoryは13日、「Looking Glass」 ...

続きを見る

裸眼立体視、かつ空間表現までをも可能にするディスプレイについては、昨今ですとVRonでもご紹介してきたホログラムディスプレイ「Looking Glass」がよく知られていますが、ソニーはルキグラスとはまた別のアプローチでプロダクトを立ち上げてきました。

 

本機は、その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現し、特別なメガネやヘッドセットなどを使わず裸眼で見ることができるディスプレイ。今年のCESでも展示されていたブツでございますよ。主な特徴は以下の通り。

裸眼立体視+高精細

独自の技術により、特別なメガネやヘッドセットを使わなくても、裸眼で高精細な3DCG映像を見ることができます。ディスプレイそのものの解像度は4K。

ディスプレイの表面に独自開発された「マイクロオプティカルレンズ」が高精度で配置されていて、これにより自然な裸眼立体視を可能にしています。よくある3Dディスプレイでありがちな「クロストーク」(片方の目の映像がもう一方の目の映像に混ざる現象。映像がクリアに見えなくなる)を大幅に軽減しているそう。

高速・高精度のリアルタイムセンシング技術

さらに大きなポイントが、ディスプレイ上部に設置されたセンサー。これが視聴する人のフェイストラッキングとアイトラッキングを担当し、見る人の目の位置を常に検出、水平や垂直方向のみならず、奥行方向に関しても左右の目それぞれの位置をリアルタイムに把握するようになっています。

加えてユーザーの目の位置情報をもとに、実際にディスプレイパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成する、という離れ業までやっているのがミソ。これにより、高精細かつ正確な3D表示を実現しています。

連携させるPCの推奨動作環境は、

  • CPU:Intel Core i7-9700以上(8コア以上)
  • GPU:GeForce RTX2070 Super以上
  • メモリ:16GB以上
  • ストレージ:SSD推奨

とかなりお高めですが、4K/60P対応のHDMI出力とUSB 3.2対応ポートを接続することで、4K解像度をフルに生かした裸眼立体視映像を実現できます(実際の解像度は4Kよりも下がります)。想定用途として、クリエイターの制作用途から店舗やイベント会場での展示用途まで幅広い間口で活用できる、としています。専用のSDKもUnityとUE4向けが無償提供(10月31日から)されるのも嬉しいですね。

さて、この記事を見て気になった貴方! 本日より「ソニーショールーム/ソニーストア 銀座」にて展示が始まっております! またソニーストア 札幌、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神においては10月23日(金)より、ソニーストア 名古屋においては11月6日(金)より展示が予定されているそう。ぜひぜひご来店を!

記事元:SONYプレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/10/13追記 Oculus Quest 2の発売を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)