ニュース

ピクシブ、オールジャンルオンライン即売会「NEOKET」を2021年1月30日(土)に開催

ピクシブ株式会社は11日、「オールジャンルオンライン即売会『NEOKET(ネオケット)』」を2021年1月30日(土)に開催することを発表しました。

VKetの対抗馬として名乗りを上げたのはピクシブだった! 1,000人同一会場入場可能!

これはまた驚きの発表です。バーチャル空間における即売会イベントとしてはHIKKYさんの「バーチャルマーケット(3Dアイテム)」「Comic Vket(同人誌)」が先行していますが、ピクシブさんが「VRoid」関連のノウハウをバックボーンにする形で追随した格好です。「NEOKET」という名前がなかなか刺激的、かつ「オールジャンル」と銘打たれているのが目に付きます。

NEOKETとは、ピクシブ主催のバーチャル空間でのオールジャンルオンライン即売会イベント。会場内では3Dアバターを利用し、ボイスチャットや3Dアバターを動かすモーションによってサークル出展者・一般参加者との「交流」を楽しめる、としています。
本日からサークル出展の公募も開始。サークル出展費・一般参加者の来場費は共に無料のイベントとなっており、既刊(すでに発行済同人誌)のみの参加も歓迎するそうです。

NEOKET コンセプトサイト:https://vroid.com/neoket

普段はなかなか会えない作家・ファン同士が同じ空間に集まり、日頃の感謝や感想を語りあう、そして新しい創作や人との出会いが生まれる。これが即売会ならではの醍醐味であるとピクシブは考えています。

新型コロナウイルス感染拡大を受けたwithコロナ時代でも、そんな即売会の醍醐味を、バーチャル空間で共有し、新しい創作・同人活動のサイクルを生み出すことを目指して「NEOKET」を立ち上げました。

一番のポイントは空間内の同時参加アバター数。NEOKETでは、1つの空間(ワールド)に同時に1,000人、NEOKET全体では同時に1万人以上の参加を可能にしている、とのこと。これにより、3Dアバターで会場内を自由に行き来し、ボイスチャットや3Dアバターを動かすモーションによって他の参加者(サークル出展者・一般参加者)とコミュニケーションすることを可能にしています。

オリジナルの3Dアバターを使って参加できる他、本イベントのための3Dアバターを用意し、未所持者にも対応。複数の3Dアバターから好きなものを選んで参加できますよ。オリジナルの3Dアバターについては同社が運営する3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」を通じて利用する形です。

また、NEOKETでは、自身のサークルスペースのポスターやテーブルクロスに好きな画像を設定することで、自分ならではの空間にカスタマイズすることが可能。作品はピクシブが運営する創作物の総合マーケット「BOOTH」への登録で頒布でき、一般参加者がそれらの作品をバーチャル空間で立ち読み・購入を可能にしています。以下開催概要!

NEOKET開催スケジュール

2020年11月11日(水) 参加サークル募集開始
2020年12月6日(日)  参加サークル申込締切
2020年12月中旬予定  参加サークル抽選結果連絡
2021年1月11日(月)  サークル掲示物の登録締切
2021年1月下旬予定   NEOKETワールド設営確認
2021年1月30日(土)  NEOKET開催

NEOKET概要

イベント名称:NEOKET powered by pixiv
主催:ピクシブ株式会社
協力:monoAI technology株式会社
連携サービス:VRoid / BOOTH
コンセプトサイト:https://vroid.com/neoket
※サークル出典の申込は上記サイトよりお申し込みください

日時:2021年1月30日(土)12:00〜18:00
サークル出展者懇親会:2021年1月30日(土)18:30~20:00
出展サークル数:200サークルを想定(公募)
参加費:サークル出展、一般参加、共に無料
※BOOTH経由での販売となるため、売上からBOOTH手数料5.6%+22円が引かれます
対応デバイス:PC/PC VR ※スマートフォンからの参加不可
よくあるお問い合わせ:https://neoket.pixiv.help/hc/ja

なるほど……。そういう合せ技できましたか……! ピクシブさんのサービスをフル稼働して開催されます「NETOKET」。果たしてどのような空間展開が行われるのか非常に楽しみですね!

記事元:オールジャンルオンライン即売会「NEOKET(ネオケット)」2021年1月30日(土)に開催決定!出展サークルの募集を開始! -PRTIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/11/11追記 NrealLightの一般販売発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年10月26日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)