情報・画像提供:Looking Glass Factory

ニュース

Looking Glass Factory、#ルキグラス の新世代版「Looking Glass 4K Gen2」「Looking Glass 8K Gen2」を発表 「Portrait」を含めた製品を国内限定価格ににてMakuakeで21日14時より開始

Looking Glass Factory(本社: 米ニューヨーク、CEO: ショーン・フレイン)は14日、同社が「第2世代ホログラフィック・ディスプレイ・ファミリー」と銘打つ15.6インチディスプレイの「Looking Glass 4K Gen2」ならびに32インチディスプレイの「Looking Glass 8K Gen2」を発表しました。また、個人向け廉価版ラインナップである「Looking Glass Portrait」の国内限定販売キャンペーンを、7月21日(水)14:00よりMakuakeで開始すると合わせて発表しています(https://www.makuake.com/project/lookingglass_gen2/)。

次世代のルキグラスが現れた! 軽量化、低価格、そして新技術!

Looking Glass Factory、グループビューを可能にした #ルキグラス の新製品「Looking Glass 8K Immersive Display」を発表【取材レポート】

うわああああああああああああ! やべーの出た!!! 業界初のデスクトップ・ホログラフ・ディスプレイの開発製造を手掛けるLooking Glass Factoryは13日、「Looking Glass」 ...

続きを見る

初代8Kの日本お披露目に同席してはや1年半、最新版の8Kと4Kがついに登場です!

第2世代ファミリーの最も顕著な違いは、「blockless」と称されますハードウェア自体にあります。スクリーンはより薄く、ハードウェアはより軽くなりました(4Kディスプレイは第1世代9.1kgが第2世代2.4kg、8Kは第1世代28.5kgが第2世代15.5kg)。さらに、「ホログラムがスクリーンから飛び出してくるような表示」を実現したことで、ユーザの利便性向上や成約の軽減につながる、としています。

また、光学系の改善により周囲の反射が減少し、グループでの視聴が今まで以上に簡単になっているそう。4Kシステムでは「Portrait」と同様のスタンドアローンモードで動作するため、第1世代のシステムよりも使いやすく、持ち運びにも便利になっています。

また第2世代ディスプレイの発表にあわせて、ソフトウェアのアップグレードと標準化を実施。すべてのシステムは、Looking Glass Factoryの新しいアプリケーション「HoloPlay Studio」上で動作するようになりました。さらに、Unity、Unreal、Blender用のプラグインのアップグレードや、バックエンド・ソフトウェアのコア・インフラストラクチャのアップグレードを行い、クリエイターが作成を迅速に開始するために必要なすべてのツールを提供する、としています。これは相当な気合の入りようです。

8Kのスペックを見ますと、視野角が「40度-50度」という表記から「53度」と向上しました。これまでは「ライトフィールド(45要素・水平視差)」形式でしたが、「blockless」の導入により、かなり見やすくなっていそうですね。

4Kの方も視野角が58度まで向上しました。重量が実に4分の1にまで軽くなっているのが非常に衝撃的です。

気になるお値段ですが(現在公式サイトにて公開されているプレオーダー価格)……

  • 8K(2021年10月出荷予定) 15,000米ドル
  • 4K(2021年11月出荷予定) 3,000米ドル

ということで、特に4Kのお求めやすさが光っています。3,000ドルなら全然あり得る価格な気がする!

スペックの詳細についてはLooking Glass Factoryの公式サイトからどうぞ。
https://lookingglassfactory.com/

また なんと! 今回ルキグラスさんはこちらの8K・4KについてもMakuakeにて2021年7月21日14:00から国内限定販売キャンペーンを開始し(https://www.makuake.com/project/lookingglass_gen2/ CF開始まで先リンクは非公開)、4K/8Kシステム共に特別価格で販売するそうです! おおおお、これは超朗報じゃないっすか!

で、「8K・4Kについても」と書いたのはですね……

「Looking Glass Portrait」もMakuakeで国内限定価格にて販売! 21日よりプレオーダースタート!

Looking Glass Factory、#ルキグラス の新製品「Looking Glass Portrait」を発表

ショーンさん、またすんごいやつを引っさげてきましたねー!! デスクトップ・ライトフィールド・ディスプレイ(同社では「ホログラフィック・ディスプレイ」と表現)の開発で知られるLooking Glass ...

続きを見る

そうなのです! 昨年末にVRonでもご紹介して大反響を頂きましたあの「Portrait」が、上記Makuakeにて21日より日本国内限定キャンペーン価格にて販売されることになりました! やったー!

パーソナル・ホログラフィック・ディスプレイとルキグラスさんが銘打つ「Looking Glass Portrait」は、Looking Glass Factoryの第2世代製品群の第1弾として発表されました。2020年12月と2021年1月にKickstarterキャンペーンを成功させ、250万ドル以上の資金を調達したことは記憶に新しいところですね。驚異的な低価格、単体で駆動する「スタンドアローンモード」など、驚くべきプロダクトデザインに我々も驚かされたものです。

なんと言っても、その価格には度肝を抜かれました。実に「349米ドル(発表時)」。ヤバい!PS5より安いじゃん! しかも現在は値下げされておりまして、今なら公式サイトにて「299ドル」で買えます。ちゃんと日本への発送サポートも完備してますよ。

そんなPortraitが! Makuakeで! 特別価格(かつ日本国内限定)で! 買えるとあっては注目しないわけには参りません! 気になるCFの開始は7月21日14時から。刮目せよ!!

情報・画像提供:Looking Glass Factory

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-ニュース
-, , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)