ニュース

ピクシブ主催、オンライン即売会「NEOKET2」を2022年2月20日(日)に開催

ピクシブ株式会社(以下ピクシブ)は29日、「オンライン即売会『NEOKET2(ネオケットツー)』」を2022年2月20日(日)に開催することを発表しました。

NEOKETとは、バーチャル空間での「交流」に重点をおいた、ピクシブ主催のオンライン即売会です。初回は2021年1月30日(土)に行われており、今回は2度目の開催!

開催の発表に加え、NEOKET2の公式サイトを公開(https://neoket.net/)、また、同時にサークル出展の申込受付を開始されました。サークル出展費・一般参加者の来場費は共に無料のイベント、まだ知らないという方、一緒にチェックしていきましょう。

NEOKET

同一会場に最大1,000人が参加可能

NEOKET内には複数の会場(ワールド)が存在。1つの会場(ワールド)に同時に1,000人、NEOKET全体では同時に1万人以上の方が参加することができ、リアルな即売会のような、多くの人がひとつのイベントに参加し思い思いに楽しんでいる感覚を味わえるとのこと。また、参加者同士は、ボイスチャットや3Dアバターのモーションを使って、直接コミュニケーションを楽しむことも可能。

これは、リアルのイベントさながらの雰囲気を楽しむことができそうですね!

サークルスペースを自由にカスタマイズ

サークルスペースでの立ち読み・購入が可能

NEOKET2サークル参加概要

サークル出展の申し込みは下記のサイトよりお願いします。
https://neoket.net/

NEOKET2は「オリジナルオンリー」の即売会イベントになります。新刊を作成くださるサークルはもちろんのこと、既刊(すでに発行済同人誌)のみの参加もでき、書籍に限らず、BOOTHで頒布している作品があれば、どなたでもサークル出展できるそうなので、気になる方は是非出店してみてはいかがでしょうか。

COMITIA139との同日開催が決定

バーチャル上のオンライン即売会NEOKETと、1984年から続いている同人誌即売会COMITIAが、それぞれの会場で新しい即売会体験を提供することで、これからの創作活動をより活性化させたいという思いがこめられた同日開催!

イベント当日は、NEOKET2内にCOMITIA島が出現し、オンライン空間でCOMITIAならではの体験を味わえる専用ワールドが登場、また、COMITIA139内にもNEOKETブースを出展され、NEOKET2の様子をリアルタイムで体験できる企画を検討中とのこと。

リアルでもバーチャルでも楽しむことがどちらでも楽しむことができるイベント、これは楽しみですね!

​NEOKET2今後のスケジュール

NEOKET2詳細

イベント名称:ピクシブ主催のオンライン即売会「NEOKET2」
主催:ピクシブ株式会社
協力:monoAI technology株式会社
連携サービス:VRoid / BOOTH
コンセプトサイト:https://neoket.net/
※サークル出展の申込は上記サイトよりいただけます

日時:2022年2月20日(日)11:00〜2022年2月23日(水)21:00
出展サークル数:500サークルを想定(公募)
参加費:サークル出展、一般参加、共に無料
※BOOTH経由での販売となるため、売上からBOOTH手数料5.6%+22円が引かれます
対応デバイス:PC/PC VR ※スマートフォンからの参加不可
よくあるお問い合わせ:https://neoket.pixiv.help/hc/ja

サークル参加もよし、楽しむ参加もよし、気になる方は是非参加されてみてはいかがでしょうか。(AI)

記事元:ピクシブが主催するオンライン即売会「NEOKET2」が2022年2月20日(日)に開催決定! -PRTIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

2

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

3

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

-ニュース
-, ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)