SIGGRAPH Asia 2021 TOKYO ニュース

SIGGRAPH Asia 2021 TOKYO、「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」優秀作品を発表

2021年12月14日(火)~17日(金)に東京国際フォーラムで開催されます「シーグラフアジア2021(SIGGRAPH Asia 2021)」運営事務局は1日、同カンファレンスのメインプログラムの一つ「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル(CAF)」の優秀作品を発表しました。

もうすぐあの熱い「冬」がやってくる! SA2021注目のCAF、主要受賞作品が発表

「SIGGRAPH Asia 2021 TOKYO」、12月14日~17日に東京国際フォーラムとオンラインにてハイブリッド開催

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

続きを見る

SIGGRAPH Asiaの「コンピュータアニメーションフェスティバル(CAF)」は、コンピュータグラフィックを使用した優れたアニメーション作品が一堂に会するイベントとして本家SIGGRAPHでも開催されている人気プログラムです。全世界より寄せられます数百件もの応募作品から採択された、ショートフィルムとプレゼンテーションが紹介ならびに上映されます。

4日間の会期中では、制作者やプロデューサーが自ら自身の作品のCGアニメーションやビジュアルエフェクト(VFX)について詳しく紹介。学生作品からプロフェッショナルによる映画作品まで、コンピュータアニメーションの芸術性と視覚的技術がどのように進化し、芸術と文化に影響を及ぼしているのかがCAFを通じて展開されることになります。

今年の応募総数はついに500本を突破し「501本」。本日、その中から厳選された4本の受賞作品が発表された、という次第。今年は初めて「BEST STUDENT PROJECT」部門で同点になるなど、レベルの高い作品が集結しています。また業界を代表する国際審査員により、エレクトロニックシアター上映では上位16作品、アニメーションシアター上映では上位19作品が選ばれています。

CAF・チェア「ダン・サルト(Dan Sarto)」さんコメント

「今年もアジアをはじめとする世界中のアーティストから、素晴らしい作品が集まりました。CAFの受賞作品をはじめ、エレクトロニックシアターとアニメーションシアターの上映作品は、信じられないほど多様で才能あるアーティストたちの最新の革新的な作品です。審査員の方々のご協力により、35本の短編アニメーションやコマーシャルなど、素晴らしいアニメーション作品がそろったので、東京会場とオンラインの両方でご覧いただけます。受賞者の皆様、そして作品を提供してくださった皆様、本当におめでとうございます」

では、いよいよ各賞の発表です! ジャジャーン!

BEST IN SHOW

Twenty Something(Pixar Animation Studios:アメリカ)

Pixar Animation Studios new SparkShort “Twenty Something” explores Gia’s heartfelt belief: Adulting can be hard. Some days you're nailing it, while other days, you're just a stack of kids hiding in a trench coat hoping no one notices. Gia finds herself in this exact scenario the night of her 21st birthday. Director Aphton Corbin, who considers herself a collection of children trying to pass as an adult, says Gia is a reflection of her own anxieties. Produced by Erik Langley and created using hand-drawn animation, Pixar Animation Studios’ “Twenty Something” launches on Disney+ on Sept. 10, 2021. © 2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディレクター Aphton Corbin
プロデューサー Erik Langley
製作会社 Pixar Animation Studios
製作国 アメリカ

ピクサー・アニメーション・スタジオのSparkShortsプログラムの一環として製作。さすがの完成度、そして圧倒的なストーリーテリング。必見です。

BEST STUDENT PROJECT

Le Retour des Vagues(Gobelins, L'École de L'Image:フランス)

ディレクター Manon Cansell, Alejandra Guevara Cervera, Edward Kurchevsky, Francisco Moutinho de Magalhães, Hortense Mariano
プロデューサー Moïra Marguin
学校 Gobelins, L'École de L'Image
製作国: フランス
配給 Miyu Distribution

今年のベスト・スチューデント・プロジェクトは初の2作品受賞となりました。奇しくもどちらもフランスのチームが栄冠を手にしています。こちらはパリにありますゴブラン芸術学校のチーム。1975年の開校以降、ハイレベルなカリキュラムで多数の才能を輩出しています。

Les larmes de la Seine(Pôle 3D:フランス)

監督 Yanis Belaid、Eliott Benard、Nicolas Mayeur、Etienne Moulin、Hadrien Pinot、Lisa Vicente、Philippine Singer、Alice Letailleur
プロデューサー Carlos De Carvalho
学校 Pôle 3D
製作国 フランス

一方、こちらはルーベイにあります単科大学「Pole 3D」のチームによる作品。1954年から62年にかけて発生した「アルジェリア戦争」のさなか、1961年10月17日に起きた「アルジェリア人虐殺事件」(リンク先は朝日新聞、2021年に実施された追悼式典にマクロン大統領が初参加した記事)をテーマにした、メッセージ性の強い作品です。

JURY SPECIAL

Only a Child(Amka Films アムカ・フィルムズ、RSIラジオテレヴィジョン・ズヴィッツェーラ、SRG SSR:イギリス, スイス)

監督 シモーネ・ジャンパオロ
プロデューサー ガブリエラ・デ・ガーラ
制作会社 Amka Films アムカ・フィルムズ、RSIラジオテレヴィジョン・ズヴィッツェーラ、SRG SSR
製作国 イギリス, スイス

本年度の「審査員特別賞」に相当する「JURY SPECIAL」は、シモーネ・ジャンパオロ芸術監督のもと、20名以上のアニメーション監督が制作した映像詩。カナダの環境問題活動家として活躍しているセヴァン・カリス=スズキさんが、12歳の時に国連の環境サミットにて行った演説がテーマになっています。若者の環境保護活動の30年を記念した、オムニバス映画です。

さあ、こんなにハイレベルな作品が集結するSA2021、いよいよ開催まで2週間となりました。CAFは「会場エクスペリエンスチケット(前売3,000円、当日4,000円・リアル会場)」、「バーチャル エレクトロニックシアターチケット(4,000円・バーチャル会場)」で視聴可能です。

おすすめは現地の展示会・XR・E-Tech・アートギャラリーも見られる「会場エクスペリエンス」。どうしても会場に行けない方でも、バーチャル会場チケットで見る価値あり!

詳しいラインアップの詳細などについてはこちらからどうぞ。
https://sa2021.siggraph.org/jp/attend

チケットの購入(=参加登録)はこちらから。早割期間は終わってしまいましたが、前売チケットの方が断然お得です!
http://sa2021.siggraph.org/register

もちろん、今回もVRonはメディアパートナーとして徹底取材を敢行します。会期中は15日を除きリアル会場の模様をお伝えする他、15日はバーチャル会場をバッチリ取材しますよ。
その他にもなにかあるかも……? お楽しみに!

情報提供:SIGGRAPH Asia 2021 運営事務局

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

2

今年はVTuberという世界において多くの出来事が起こりました。毎年かもしれないけれど、今年は特に多いような。先週末にはあの「バーチャフリーク」がageHaでラストパーティを終えたばかりでした。 とは ...

3

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

-SIGGRAPH Asia 2021 TOKYO, ニュース
-, , ,

© 2022 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)