VR・AR・MR・IoTなメディアの話題・ニュース・コラム

VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)

©HTC ©SoftBank

ついに出る! 6DoF対応、自由に動き回れるHTC U11対応のVRヘッドマウントディスプレイ「HTC LINK」、auとsoftbankで発売決定

更新日:

いきなりなんだもん! ビックリしちゃうじゃん!

auとsoftbankは1日、HTCが発売しているスマートフォン「HTC U11」に対応するヘッドマウントディスプレイ「HTC LINK」を正式に発売することを発表。併せて各メディアが報じました。

5月25日にソフトバンクさんが発表したリリース以降、その情報は途絶えておりました。そのプレスリリースにて燦然と輝いていた、「世界で唯一VR空間を自由に動き回れるモバイルHMD」というキャッチフレーズはそれはそれはもう衝撃的でございまして!

HTC LINKは「VR空間で動き回れる6Dof対応モバイルVR端末」。OculusやHTC ViveではモーションセンサーのおかげでVR空間を歩き回れるようになっているのですが、モバイルではまだ出てなかったんですね。このHTC LINKでは2m×2mの空間を認識してその範囲内を動き回ることが可能、ということで、その動向が注目されておりました。

で! 昨日いきなりの発表となったのがauさんとソフトバンクさんでの正式発売決定! という次第。お値段は現時点でauさんの方だけ判明しておりまして、39,800円(税抜)。また、発売日についてはauが8月3日(明日!)、ソフトバンクが8月4日を予定しています。

こんなツイートまで飛び出しちゃっておりまして、筆者は気をもんでおりましたのよ。よよよ。ソフトバンクさんの製品紹介ページではHTCが用意する専用のVRプラットフォーム「Viewport M」でプレイ可能な対応タイトルも紹介されていますね。というわけで、改めて製品概要!

サイズ(幅×高さ×奥行き)約197.69×116.61×167.33mm
重さ約560g
ディスプレー約3.6インチ AMOLED×2(1,080×1,200ピクセル)
視野角約110度
電池容量約2,800mAh

付属品としてLEDマーカー、イヤホン、ステレオカメラ、コントローラーなどなどが付きます。6Dof移動できるし、これで税抜き39,800円かー。こんなもんかなー? 実際のポテンシャルを含め、今後の展開に要注目です!

記事元:ソフトバンクプレスリリース:“ソフトバンク”、高水準のVR体験を実現するヘッドマウントディスプレー「LINK」を8月4日に発売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

2

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

3

日本各地で展開されているVR・ARアトラクションの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHTC Viveなどを使用し、フロアマーカーに対応したV ...

4

「セカンドライフ」運営で知られますLinden Labが2日、「ソーシャルVRプラットフォーム」として開発中の「Sansar」をクリエートベータとして一般に公開しました。 Linden Labがセカン ...

5

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。   先日、私の友人からこんな質問を ...

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2017 All Rights Reserved.