ニュース

曲がる有機ELディスプレイにアイトラッキング、VRHMDに利用できる様々な技術

曲がる有機ELディスプレー


曲面フレネルレンズと組み合わせれば下記の動画のような、よりフィットしたHMDを作れるようになる


また、プロセッサーやバッテリーのレイアウトの自由度も上がります。

■帽子に装着するVRHMD
Virtual Vizor® 39mm
The version with 39mm focal length (like "Cardboard", ideal for apps with headtracking) has >100° FOV and is smaller & lighter than the 63mm version.
価格:14,90 €
▼ホームページはこちら▼
Virtual Vizor


輸入して使用しました。
スマホの重さでずり落ち気味になります。

モバイルVRHMDへの対応

■アイトラッキングで注視点優先高解像度レンダリング
▼ホームページはこちら▼
SMI


次のGEAR VRやiPhone対応HMDに標準装備されるかも。
レンダリングコストが半減以下になるとのことです。

■フレーム補完
PlaystationVR⇒リプロジェクション
VIVE⇒アシンクロナスリプロジェクション
Oculus Rift⇒アシンクロナスタイムワープ
と呼ばれている技術
フレームレートを疑似的に増やすことで
レンダリングコストの低減につながるとのことです。

■フォワードレンダリング
アンリアル エンジン 4.14 がリリースされました!
新機能
アンリアル エンジン 4.14 では、フォワード シェーディング レンダリング が VR 向けに改めて最適化され、ゲーム内で 複数にサンプルされたアンチエイリアシング を鮮明にすることができます。
⇒数割の性能向上するとのことです。
⇒これらの積み重ねで酔いや画質向上が図られています。

■キックスターターでプロジェクトを進めていたシースルー型MRHMDたち
vrvana
▼ホームページはこちら▼
vrvana
kickstarter
Totem: the premium, full-featured Virtual Reality headset

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/10/13追記 Oculus Quest 2の発売を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)