コラム

遅ればせながらご挨拶。あけましておめでとうございます

こんにちわこんばんわあけましておめでとうございます!

ドバーーーンと花火な感じでニューイヤーでございます。新年からさっそくCESの話題でにぎわっておりますね。

弊社ニュース担当者が記事にしたためておりますので、よろしかったらぜひどうぞ!

CES2017でのVR・AR関連情報

続・CES2017でのVR・AR関連情報

今年の抱負みたいなもの

まだ始まって2か月も経っていないヒヨッコな弊社ブログですが、今年の抱負などを。

弊社ではバリバリVR動画制作をさせていただいているわけでございますが、これらの動画を見るためには「HMD」(ヘッドマウントディスプレイ)が必要なんでございますね。

【2018年1月版】VRゴーグル・VRヘッドセットざっくり購入・比較ガイド

こんな記事も書かせて頂きましたっけ。

「今のところ」という話ではありますが、現状VR動画の視聴にHMDが必須なわけで、それはつまり、HMDという「呪縛」を超えないと、そもそも弊社が作った映像をご覧いただけない、ということでもあります。

ああ、HMDというしくみそのものがダメ、と言っているわけではないのですよ。そういうことではなくてですね、

「HMDを装着してでも見たい!」と思わせられる魅力

もうちょっと言い方を変えると、我々が制作したVRコンテンツをお手元に取っていただくためには、「HMDを手に入れて、頭にはめて」というプロセスを皆様に経ていただなくてはなりません。

となれば、我々のミッションというものはかなりクリアーになりますね。

「HMDを手に入れて、頭にはめてでも、見てみたい!」と思っていただけるほどの魅力を持ったコンテンツを作る。

この先いろんなものが進化して、どんどんVRやAR界隈が変わっていく中で、こういう観点は不変なものなんだと思うんです。

いいものを作ることはもちろんのこと、あらゆるアイデアを総動員して、コンテンツ作りに励もう! そう決意を新たにした、2017年のお正月なのでした。

 

というわけで、

2017年もVRonを何卒よろしくお願いいたします!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

2

さあ、ソニーの本気が徐々にその姿を表してまいりました! ソニーは18日、PlayStation 5向けに開発されている次世代「PlayStation VR」システムの新しいコントローラを公開しました。 ...

3

【重大発表(1)】2021/2/17(水)東京ガーデンシアターhololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』開催決定! 視聴🎫発売 & 会場来場🎫1次先行受付開 ...

-コラム
-, , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)