コラム

フィクションにおけるVR描写について、ルサンチマン 花沢健吾(著)

更新日:

ルサンチマン 花沢健吾(著)

『ルサンチマン』は、花沢健吾による成年向け青年漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に2004年3号から2005年12号まで連載された。単行本は全4巻(小学館ビッグコミックス)、新装版は全2巻。
バーチャルリアリティやオンラインゲームを題材とした近未来SF作品である。「現実世界で絶望的にモテない男達が現実を諦め、仮想現実に愛と救いを求める」といった内容が作品の基調となっているため、同様の題材を扱った他の作品に比べ、現実世界と仮想世界との落差を強調した内容が特徴的である。また、その世界観も男性の性的欲望が強く反映されているのも特色である。
Wikipediaより

作中に登場するVR機器として、以下のようなアイテムが描写されています。もうすでに現在開発されているものばかりですね!

・ヘッドギア(HMD)⇒oculus riftに近い物
・カメラ(動きをトレースする)⇒部屋の四隅に設置するviveのベースステーションに近い物
・パソコン⇒高スペックの物が必要との描写あり
・感圧グローブ⇒EXOSさんのデバイス EXOS Project
・全身スーツ⇒Rez Infiniteのスーツなど
・AIソフト⇒相手のNPCをエディット出来る仕様と描写されている。

10年前の作品でVRについて、かなりの精度で予測されています。OCULUS登場の前で、VRに没入する仕組みをちゃんと描いた数少ない作品の一つです。

ストーリーの都合上、無理な設定が散見されていますが(例えばインフラとして作中のVRゲームを基盤システムとして利用されている……など)、社会風刺の得意な作者が、VRゲームに耽溺しているキャラクターに色々味を出しています。

読んでみた感想としては、例えばライフログ+ディープラーニングの組み合わせで、劇中のようなAI人格とかが実用化されそう。

VRに限らず秘書的な役割を演じるエージェントとして利用され、GoogleとかAmazonとかのサーバを握って管理している会社が、そのプラットホームを握ったら、その権力はすごいことになりそう……、と思いました。

ルサンチマン。VRに興味の有る方なら、ぜひ一度手にとって頂きたいマンガです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

3

【2018年8月2日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

-コラム
-, , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.