ニュース

コンテンツ東京2018に行って、VR/AR/MRの最先端を見てきました!(その2・クリーク・アンド・リバー社)

4月4日から6日にかけて東京ビッグサイトにて開催されました「コンテンツ東京 2018」内の展覧会「先端デジタルテクノロジー展」、本日取材させて頂いた出展社さんをご紹介しましょう。

本日はこちら!

クリーク・アンド・リバー社(IDEALENS K3シリーズ)

コンテンツ東京2017でVR・ARの最新事情を見てきました!(その2・クリーク・アンド・リバー / IDEALENS K2+)

こんにちわこんばんわ! 6月28日(水)から30日(金)まで東京ビッグサイトにて開催されております、「コンテンツ東京2017」で併催中の「第3回先端コンテンツテクノロジー展」に大注目! 特設されました ...

昨年も取材させて頂きましたクリーク・アンド・リバー社さん、今年もお邪魔してまいりました。今回の目玉は何と言っても新機種「IDEALENS K3シリーズ」です!

中国のIDEALENS社が満を持して投入する「4K解像度」のスタンドアローンVRヘッドセットです。これまでの「K2+」が2,560 × 1,440ピクセルという解像度だったのに対し、K3シリーズは「3,840×2160ピクセル」というまさに「4K」クオリティのスペックを持っています。

内蔵スピーカー・マイクも付属、Exynos 8895を搭載したハイスペックモデルです。

2種類のモデル展開で、さらなる可能性が!

今回実機が展示されていたのは上の写真にあります「K3-4K」、そして、

こちらの「K3-PRO」です。大きな違いは、「PRO」にはハンドジェスチャーの認識機能がついていること。これは手の動きをVR画面の中に表示できるというもので、PROには前方に2つのカメラが付いているのわかりますね!

上の写真でPROを装着しているのはウチのスタッフなのですが、「自分の手が出てきますよ! スゲー! スゲー!」とはしゃいでおりました。楽しそうで何より!

詳細な販売価格、発売時期は発表されていませんが、今年夏ごろのリリースを予定されているとのこと。これは楽しみですねー。筆者も実際に試させて頂きましたが、さすがは4K解像度を持っているだけあって、画像のキメの細やかさが特に印象に残りました。

実際の出展では「KS-4K」「K3-PRO」の双方を試せるようになっておりまして、体験希望者の列も相当な長さになっていました。筆者の時で20分待ちくらいでしたから、注目度の高さがうかがえますね!

現行機種の「K2+」では様々なコラボレーション展開を行っていたクリーク・アンド・リバー社さんのことですから、本機種のリリーズ時にはさぞかし話題になるかと! 今後が楽しみです。

次回もコンテンツ東京2018の出展ブースをご紹介します。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

2

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

3

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

-ニュース
-, , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)