ニュース

シーエスレポーターズ、B.LEAGUE「アルバルク東京バスケットボールVRゲーム」を制作、26日より体験イベントがスタート

投稿日:

株式会社シーエスレポーターズは25日、プロバスケットボールチームを運営するトヨタアルバルク東京株式会社と共同で制作したVRコンテンツ「アルバルク東京バスケットボールVRゲーム」を制作、本日プロモーション動画を発表しました。

Gugenkaで知られるシーエスレポーターズ、お次はBリーグのあのチームでVRコンテンツを制作!

「東京ゲームショウ2018」に行って、XRコンテンツの最前線を目の当たりにしてきました!(4・Gugenka)

9月20日から23日まで、千葉県は幕張メッセにて開催されてました「東京ゲームショウ2018」。先週末から各出展社様のご紹介をさせて頂いております。本日はこちらです! Gugenka® from CS- ...

続きを見る

シーエスレポーターズさんは、VRonでお馴染み「東雲めぐ」「HoloModels」「MakeAvatar」などの制作を行っているVR / ARチーム「Gugenka」を率いる会社です。

普段VRonではGugenkaさんの取り組みをご紹介することがほとんどですが、今回はシーエスレポーターズさんでのご紹介。B.LEAGUE・東地区で活躍中のプロバスケットボールチーム「アルバルク東京」がテーマのVRゲームです!

こちらが本日公開されました紹介動画。

今回のVRゲームはバスケットボールの「3ポイントシュート」が題材です。

アルバルク東京のコートに降り立ったプレイヤーが、チームマスコット・ルークのパスを受けてシュートを放つというコンセプトでございまして、15回のシュートチャンス中にどれだけ3ポイントシュートを決められるかを競います。スラムダンク!(唐突)

アルバルク東京ホームゲームにて体験イベントを開催!

こちらのVRゲームを体験できるイベントが、まさに明けて本日以降にアリーナ立川立飛にて開催されます、アルバルク東京のホームゲームにて行われます。

参加された方には、上の写真で選手が持っているオリジナルステッカーがプレゼントされますよ。以下開催概要!

実施日

場所:アリーナ立川立飛の会場内コンコース
時間:アリーナ開場~試合終了まで

※実施時間は多少前後する可能性あり。また参加には当日の試合観戦チケットが必要

上の写真(アルバルク東京からのリリースより)から推察すると、使用されますHMDはどうやら「Mirage Solo」みたいですね! イベントにおけるVR展開はこれまでモバイルVRが主に使われてきましたが、やはり時代の流れはスタンドアローンになっていくのかしらん?

Bリーグファンはもちろんのこと、アルバルク東京をよく知らない方も、これをきっかけに足を運んでみてはいかが? 26日のチケットは当日券販売もされています(2階スタンド自由席で大人3,000円、お子様1,500円から)ので、ぜひぜひ!

情報提供:CS-REPORTERS.INC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / VRヘッドセット / VRゴーグル」が販売または配布されていますが、これらをザッと ...

2

【2019年6月10日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.