ニュース

QuestにRift SにValve Index! GW中に発表されたVRヘッドセット新製品ざっくりまとめ

2019年5月7日

令和元年おめでとうございます!(6日遅れ)

日本ではまさしく「新元号フィーバー」に沸き、何でか知らないけど新年を迎えた気になる方々が続出した2019年。VRonは本日よりGWが明けまして営業再開でございます。

まー、このGWの間に様々な発表がありました! 7日未明に行われた「Google I/O」では逆にVRHMD関連の発表がなにもなかった!なんて超逆張りのサプライズもありましたが、今回はOculusさんとValveさんが奮っておりましたねー。では、今回発表された新製品をザザーッとおさらいしてまいりましょう!

Oculus Quest

Oculus、「Oculus Connect 5」にて新たなスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus Quest」を発表

Oculusは26日(アメリカ現地時間)、現在開催されております年次開発者会議「Oculus Connect 5」の初日基調講演において、新たなスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus Ques ...

Oculusが「Santa Cruz」として開発していたハイエンドスタンドアローンVRHMDが、2019年5月1日に「Oculus Quest」としてリリース、日本でも公式サイト、及びAmazonにて販売が開始されました。お値段は……

の2タイプ構成です。

Oculus Rift S

 

Oculus、インサウドアウト方式を採用したRiftの新機種「Oculus Rift S」を発表。お値段49,800円。その存在意義を考える

Oculusは現地時間で3月20日、Ouclusシリーズの新製品として、PC接続型VRHMD「Oculus Rift S」のリリースを発表しました。 目次1 Lenovoとの提携でOculusが目指し ...

また同じタイミングで「Oculus Rift S」も販売がスタート。ポジトラ形式が「インサイドアウト形式」に変更になった他、「パススルー+」の追加、解像度の改良などいろんな改善がなされています。

5月1日よりOculus公式サイト(リンク先は公式サイト)、及びAmazonで販売がスタート(リンク先はAmazon)しておりまして、価格は49,800円。こちらも出荷開始は5月21日から。

2機種とも、日本時間で5月1日の未明から始まったFaceBookの「F8」の基調演説スタートと同時に公式サイト・Amazonでの販売を開始する、という異例のスタートとなりました。

一度はAmazonの販売ページが引っ込んじゃう、というフライング気味な船出となりましたが、演説にて2機種の発表が行われた後に販売ページが無事復活。

すぐに予約販売分が売り切れてしまいまして、現在amazonの販売ページは「入荷待ち」状態。予約販売は公式サイトにて引き続き受付が続いています。

今後の販売ロードマップとしては21日の出荷開始以降に明らかになる、って感じでしょうか。それにしても……まさしく「瞬殺」でしたね……!

Valve Index

一方!

時を同じくしてValve社が「Steam VR」のリファレンスHMDとして発売を発表したのが「Valve Index」です。

  • ディスプレイ解像度:2,880×1,600px(1440×1600が2枚)。HTC Vive Pro / Oculus Questと同等。LCD液晶を使用
  • フレームレート:90Hz、120Hz、144Hz
  • 前方に2つのRGBカメラあり(パススルー機能を有すると思われる)、また前方にUSB 3.0の拡張スロットあり
  • 視野角:未発表。ただし「HTC Vive(110度)よりも20度ほど広い」とのアナウンスあり
  • アウトサイドイン形式のポジトラ。ベースステーションはHTC Viveのベースステーション2.0と互換
  • スピーカー:耳に接触しないヘッドホン仕様

というスペックで、HTC Vive Proを超える仕様になっていることがわかります。価格はベースステーション、コントローラーなどのセットで1,000米ドル、1日より予約が始まっておりまして、最短で6月29日には出荷が始まるとのこと(現在は8月末前後の出荷予定)。

なお、今回の発表で日本は販売対象地域に含まれませんでして(欧米のみ)、いわゆる「おま国」(「お前の国には売ってやんねーよ」 の略)状態なのが大変に残念ではございますが、日本語のドキュメントが発見された!という情報も入ってきておりますので、期待ゼロ、というわけでもなさそうですねー。

日本での発売が決まり次第、こちらのValve Indexも……

【2019年12月版】VRゴーグル・VRヘッドセットざっくり購入・比較ガイド

2019/10/16追記 Googleより「DayDream」の終了が発表されたため、下記の種類のうち「DayDream」を削除しました ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ( ...

に記載しようかと思っております。やはり2019年のVRHMDトレンドは「2880✕1600」がベースラインになっていきそうですね。

続報が出ましたらまたお伝えしますー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

その日、取材班はお台場におりました! 11月16-17日、IVRC実行委員会はテレコムセンター(お台場)にて、第27回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2019)決勝大会を開催しま ...

2

その時、我々は両国におりました! いちから株式会社/株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは12月8日、両国国技館にて「Virtual to LIVE in 両国国技館」を開催しました。 今回、 ...

3

バーチャルアーティストの田中ヒメ、鈴木ヒナによるユニット・HIMEHINAと田中工務店は9月27日、東京六本木のEX THEATER ROPPONGIにて、初のワンマンライブとなる『心を叫べ』を開催し ...

4

【続報3・21:40時点】iTunesアルバムランキング(総合)、Jポップ部門、共に[第2位]にランクイン!あと少し。あと少し!!#MZM pic.twitter.com/QxTO85FdGW &md ...

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2020 All Rights Reserved.