ニュース

「ニコニコ超会議2019」へ行って、ドワンゴさんの本気を肌で感じ取ってきました!(1・現地レポート)

更新日:

その時、我々は幕張におりました!

株式会社ドワンゴは2019年4月27日(土)、28日(日)に千葉・幕張メッセにて「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議2019」、及びVTuberの祭典「VTuber Fes Japan 2019」を開催しました。

今回、VRonは初めて取材でお邪魔させていただきました。実はと申しますと私筆者……

niconicoに11年課金し続けているガチ勢でございます。といいますか、プレミアム会員制度が始まってすぐに会員登録しっぱなし。主にニコニコ大百科で活動をしつつ細々と生主もしておりました。

ここしばらくは弊社事業の一つとして「田中康夫公式チャンネル」を担当したりと(現在はYouTubeチャンネルへ移行)、niconicoさんとは10年以上のお付き合いです。

そんな私が満を持して「ニコ超」にプレスとしてお邪魔する……。感慨深いものがあります。私の活動範囲が地味だったのと、全盛期は特に土日が忙しい職業だったこともあって、なかなかニコ超へ遊びに行く機会はなかったのですが、まさかこのような形でお邪魔する日が来るとは……!

とはいえ! 我々は「VRon」として、VRonならではの視点からニコ超の模様を皆様へお届けしていくべし! と兜の緒を締め直しまして(前振りのつもり)、いよいよ幕張メッセを赴いた次第です。

現地ではVRonならではの出会いもあり、充実した取材をさせていただきました。誠にありがとうございます! 今回から4回(予定)に分けてお届けしていく予定ですが、まずは毎回恒例となりました、当日のツイートを交えた現地レポートをお届けしていきましょう!

「ニコニコ超会議2019」現地レポート

当日は快晴! いいお天気でしたねー!

実は我々、本来は27日にお邪魔する予定でしたが、急遽スケジュールの関係で翌日28日にお邪魔させていただくことと相成りまして(瑠璃姉さんに逢えなかった……(涙))、これが思わぬ展開に!

到着後に取材の準備を終わらせ、一通り会場を回ったのですが、率直な第一印象は「来場者、めちゃくちゃ多いじゃん!

昨日夜に発表されました公式来場者数は「16万8,248人」。過去最高を記録されたそうです。そりゃあ、あの人だかりになるわけですよ! 納得ですね。

なぬ!? 「当日券がある」だと!?

ツイートに気づいてから「秒」でした。

VTuberおしゃべりフェス in 超会議 (主催:PANORA)

上のチケットは、PANORAさんの主催で行われます「VTuberと1対1で対話できるイベント」の参加券でございます。当初「AVATAR 2.0」の皆さんは含まれていなかったのですが、追加発表で参加が決定。

それでは聞いてください。ブンブンサテライツで『STARS AND CLOUDS』。【年末年始のご挨拶】

こんばんわ。VRonWEBMEDIAです。 本年はこちらのエントリを持ちまして最終更新とさせていただきます。本年は多くの皆様から多大なご協力、ご支援を賜りました。誠にありがとうございました。この場を借 ...

続きを見る

「AVATAR 2.0」には、上の年末に書いたコラムで筆者が「ガチ推し」した九条林檎さんが所属しています。

こちらが実際の模様。VTuberの皆さんと1分間ダイレクトにおしゃべりができ、さらにツーショットチケットがあれば撮影もOK! という趣向。これはファンの方にとってはたまらない企画ですね!

こんな感じで、おしゃべりフェスさんのブースも大盛況でした!

VTuberフェスのメインステージは相当な数の席が用意されていたのですが、お昼の段階でこの入りですよ。スゴかったですねー!

NTTドコモ、スマートフォンを使用した「超広視野角VRゴーグル」を開発、ニコニコ超会議2019でお披露目

株式会社NTTドコモは17日、VRを活用した新たなビジネスの創出に向けて、スマートフォンを取り付けることで手軽に没入感の高いVR映像を体験できる、「超広視野角」VRゴーグルを開発したことを発表しました ...

続きを見る

今回冠スポンサーとなったNTTさんのブースは貫禄の広さ&充実したラインアップでした! もちろん、過去記事でもご紹介しました「超広視野角VRゴーグル」もしっかりと体験してきましたよ。後日じっくりとご紹介ますので、お楽しみにー。

VTuberフェスの各ブースはどちらも非常に充実した内容がラインアップされておりまして、そちらも見応えがありました。特に茨城県とテレビ東京のブース、そして……

IRIAMさんのブースが気合入ってましたねー。「バーチャルタレント」という世界の勢いを肌で感じているかのようでした。

そして、VTuberフェスのメインを飾った「バーチャルさんがいっぱい」が圧巻でした!

おもわずツイートに「バーチャルさんがいっぱい」のハッシュタグをつけ忘れてしまうほど、メインステージは熱気で溢れておりました……。

昨年のVTuberステージも素晴らしい内容でしたが、今年は単独でこれだけの大きなステージが成立するところまでたどり着いた、という事実に感嘆を禁じ得ません。VTuberという枠組みが確実に大きくなっている、それを改めて実感しました。

©超歌舞伎

最後はじっくりと今年の「超歌舞伎」を拝見させていただきました。

AR技術を駆使した舞台演出はさらに磨きがかかり、会場モニター上では初音ミクが完全に3Dの状態で表示されるなど、まさに圧巻の一言。中村獅童さんの渾身の演技と、この「超歌舞伎」に対する想いの強さに、心が震えました。こちらも後日レポートにて詳報させていただきます!

というわけで、今回からレポートをお届けしてまいります。次回をお楽しみにー!

取材協力:株式会社ドワンゴ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / VRヘッドセット / VRゴーグル」が販売または配布されていますが、これらをザッと ...

2

【2019年7月19日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.