ニュース

GREE VR Studio Lab・NTTドコモら6社、11月20日・SIGGRAPH Asia 2019 "Real-Time Live!"にてデモンストレーションを実施

グリー株式会社の最先端技術研究開発組織「GREE VR Studio Lab」と株式会社NTTドコモは15日、オーストラリア・ブリスベンで開催される世界最大のCG・インタラクティブ技術の国際会議「SIGGRAPH ASIA 2019」において、リアルタイムCG技術の最先端をデモするセッション "Real-Time Live!" の1つとして「Global Bidirectional Remote Haptic Live Entertainment by Virtual Beings (VTuberによるグローバルな双方向触覚ライブ)」が公募採択されたことを発表しました。

あの興奮が再び帰ってくる! SIGGRAPH Asiaの目玉「REAL-TIME Live!」に登場!

SIGGRAPH Asia 2018 TOKYOレポート16(「REAL TIME LIVE!」その1)

(C) ACM SIGGRAPH 出典: SIGGRAPH Asia 2018 2018年12月4日から7日までの日程で、東京・有楽町にあります東京国際フォーラムにて開催されました「シーグラフアジア2 ...

続きを見る

お話は昨年の12月にさかのぼります。世界最大級のCGに関する国際学会「SIGGRAPH Asia」、昨年東京で開催された際に初めて実施されたのが、本家SIGGRAPH(毎年夏にアメリカで開催)の花形イベント「Real-Time Live!」でした。

GREE VR Studio Labは、この「Real-Time Live!」にてREALITYをベースにしたアバターによるリアルタイムモーションキャプチャーのデモンストレーションを敢行。「なりたい自分で、生きていく」をテーマに本番一発勝負のデモンストレーションをやりきりました。そうか、あれからもう1年近く経つんですね……。

「#VirtualBeingsWorld in #SIGGRAPH2019 」「#WorldVTuberShowcase」開催レポート #VBW19

アメリカはロサンゼルスにて開催されております、CGの国際的な学会「SIGGRAPH 2019」内にて、日本時間で7月30日の8時30分よりBoF(バード・オブ・フェザー)プロジェクト「VIRTUAL ...

続きを見る

そして今年の夏。本家SIGGRAPHにてバード・オブ・フェザー「VIRTUAL BEINGS WORLD IN SIGGRAPH 2019」が開催。World VTuber Showcase」には世界中のVTuberから応募が集まり、世界初のコンペティションが行われたのは記憶に新しいところです。

さて、このときに……

そして、本イベントのグランプリとなります、「Virtual Beings World 2019」を受賞したのは……

「直感×アルゴリズム♪」のお二人! おめでとうございます!! 「直感×アルゴリズム♪」のお二人には、次回の「Virtual Beings World」のアンバサダーになれる権利がGREE VR Studio Labから授与、今年2019年11月にオーストラリアで開催が予定されております「SIGGRAPH Asia 2019 @Brisbane」に向けた活動がオファーされました!

とご紹介させていただいたのが、今回の発表へとつながる、というわけです。

出典:SIGGRAPH Asia 2019 http://sa2019.conference-program.com/presentation/?id=real_109&sess=sess230(クリックで当該ページへ)

10月20日、オーストラリア現地時間で16:40~17:00の日程で、GREE VR Studio Lab、NTTドコモ、バーチャルキャスト、ジャストプロ、イクスアール、HapBeatの6社が共同で行うデモセッションが「Global Bidirectional Remote Haptic Live Entertainment by Virtual Beings」です。

以下が今回の企画をオーガナイズしている、GREE VR Studio Labの白井暁彦先生によるツイートと公式のティザー動画。

次世代通信網5G時代の到来を想定し「握手、ハグ、ギフトが当たった感覚」や「バーチャル世界での触覚・会場の笑いや拍手の認識」を統合して、「World VTuber ShowCase」に入賞した実力派VTuberらとともに日本語・英語・中国語・フランス語を交えて、7,154km離れた東京のスタジオとオーストラリアの会場をつないだコラボ実演を行います。

今回のデモセッションにおける最大の特徴が、従来の映像ストリーミングではなくバーチャルキャストVCIをベースに拡張し、リアル会場の熱気をギフティングに変換する分散型触覚共有システムを開発し、世界で進行する5G時代のバーチャルライブエンタテイメントを実現する、という点。

日本のスタジオとオーストラリアの会場の双方からバーチャルキャスト上に用意された空間にお互いが「凸」し、さらにHapBeatさんが培ってきたフィードバック技術などを駆使して、アバターが触れ合ったりハグし合ったりした際の感覚や、会場で起こった笑い・拍手・歓声などをもフィードバックさせるという、まさに「ウルトラCがいくつもVR空間にパンパンに詰まったような」デモンストレーションが行われようとしております。

主演は夏の「Virtual Beings World」においてベストインタラクティブ賞・グランプリを獲得した「直感アルゴリズム」 KilinさんとXiさん、そしてHypresense賞を授賞した「米プリンセス」ミルキークイーンさんが担当します。

11月17日には直前のリハーサルが行われまして、白井暁彦先生がVTuber「今居レア」になって現地ステージでのパフォーマンスを入念にチェックされておりました。上の写真がそのときの一コマ。後ろ左手にいらっしゃるのが、直感アルゴリズムの「Kilin」役を務められている法元明菜さんです。

こちらのリハの模様は、後日執筆予定の「REAL-TIME LIVE!・ビハインド・ザ・シーン(仮)」でじっくりとお届けしていく予定ですので、そちらもお楽しみに!

11月20日の「REAL-TIME LIVE!」、SIGGRAPH Asiaによる公式のトレーラーも公開されました。なんと一番手に「Global Bidirectional Remote Haptic Live Entertainment by Virtual Beings」が紹介されております! すごい!

今回VRonは17日のリハーサルを取材させていただきました他、20日の本番も日本側のスタジオにて取材をさせて頂く予定です。当日の模様を含め、後日きっちりと執筆させて頂きますので、どうぞお楽しみに!

また、当日の「REAL-TIME LIVE!」の配信などに関する情報は、分かり次第VRonの公式ツイッターにてお伝えしますので、そちらのチェックもよろしくお願いします。いやー、楽しみだー!

取材協力:グリー株式会社 / GREE VR Studio Lab

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2019/10/16追記 Googleより「DayDream」の終了が発表されたため、下記の種類のうち「DayDream」を削除しました ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ( ...

2

【2019年10月25日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.