ニュース

株式会社HIKKY、バーチャル空間の為のマーケットプレイス 「バーチャルマーケットβ」を発表

株式会社 HIKKYは23日、バーチャル空間の為のマーケットプレイス「バーチャルマーケット β」を発表しました。

述べ70万人の来場カウントを記録した「Vケット」が新たに仕掛けるのは、独自のマーケットプレイス!

株式会社HIKKY、VR空間の展示即売会「バーチャルマーケット3」#Vket3 を9月21日より開催

いよいよ明日です! 株式会社HIKKYは、VR空間で開催される展示即売階「バーチャルマーケット」の第3回を2019年9月21日(土)から5日間の期間で開催します。今回は6ワールド全15会場、出展スペー ...

続きを見る

今年の秋、600スペースに拡大され開催された「Vケット3」。9月23日未明より同日夕方頃までVRChatに接続出来ない不具合が発生したのを受け、5日間の予定が8日間に延長された結果、実に来場者数カウントが70万を超えるというビッグイベントに成長した「Vケット」、その次の一手となるのがこちらの「バーチャルマーケットβ」であります。

バーチャルマーケットβは、世界最大のバーチャル空間内マーケットフェスティバル「バーチャルマーケット」の公式ECサイトとして立ち上がります。取り扱う商品は「バーチャル空間で利用することを前提としたデジタルプロダクト」。人々が生きるもう1つの現実としてのバーチャル空間を実現することを目指し、人・商品・お金・情報の流通を通じて、バーチャル空間に価値を創造する、としています。

バーチャルマーケット4開催時(2020年4月28日(火)~5月10日(日))に出展者・来場者共に便利になるよう開発を進めて行く予定で、現在のバーチャルマーケット4のサイト(https://www.v-market.work/)βのサイトになる予定です。

バーチャルマーケットβのロードマップ

今回発表されましたロードマップは以上の通り。バーチャルマーケット4の開催と連携して、アバター文化とバーチャル空間に寄り添う機能の実装を行っていくそうです。まずは来年1月から開始予定の「オープンβ」が楽しみですねー。

バーチャルマーケットβの3つの特徴

さて、今回の「バーチャルマーケットβ」、3つの特徴が発表されています。

 二次創作の収益化を許諾。商品ツリー公認プログラム(仮称)

今回「バーチャルマーケットβ」では、商品ツリー公認プログラム(仮称)というものが導入されます。これは、あるアバターやブランドに対して、そのアバターの専用衣装や髪型などを子商品として登録することで、二次創作をシステム的に許諾して収益を分配する……という仕組み。

二次創作の許諾システムと、それにおける利益分配をパーツごとなどに細分化した上でシステムに入れ込む形ですね! 将来的にはサイト内で複数のアイテムを組み合わせ、自分専用のアバターとしてまとめて購入するといった機能を予定しているそうです。

世界に1つだけのアバターを手に入れる!入札機能

また「入札機能」が導入されますよ。こちらはクリエイターが作るアバターを、入札者だけが購入できるオークションのような機能。入札者・価格は伏せられるため、ユーザーにとってもクリエイターにとっても便利で安心な機能となります。

ワンオフ商品の非公開入札……。この非公開入札というのがなかなか斬新ですね!

セミオーダーメイド/フルオーダーメイド機能

もう一つは、バーチャルマーケット4開催後である5月以降を見据え、自分専用のアバターやアイテムのフルオーダーができる機能等も実装していく、というもの。イベント終了後も実店舗的な機能をもたせつつ、ここでさらなるマーケットプレイスとしての機能性を高めていくノリのようですね!

3つの特徴を通じて強調されているのは「アバター文化に寄り添う機能」です。3Dオブジェクトの販売マーケットは今でこそPIXIVさんによる試み(FANBOXなど)などが挙げられますが、「仮想空間で使用するデジタルプロダクト」に特化したECサービス、というのがまたHIKKYさんらしいアプローチですね!

来年春に開催予定の「Vケット4」に向け、強力なコマースサービスをHIKKYさんが立ち上げようとしています。まずは来年のオープンβが待ち遠しいですね。

さて……。

実は、VRonは株式会社HIKKY代表取締役の舟越靖さんにインタビュー取材をさせて頂きました! 動く城のフィオさんとも会ってきましたよー! 只今絶賛執筆中。ぜひぜひ取材記事をお楽しみにー!

情報提供:株式会社HIKKY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/11/11追記 NrealLightの一般販売発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年10月26日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)