VTuberニュース ニュース

株式会社VIC、アバターを用いたオンラインコミュニケーションソフトウェア「PlaplaStudio(プラプラスタジオ)」のリリースを発表

株式会社VICは5日、Withコロナ時代のニューノーマルなデジタルコミュニケーションを実現させるアプリケーション・ソフトウェア「PlaplaStudio(プラプラスタジオ)」のリリースを発表しました。

輝夜月・PPHを擁するVIC、アバターを用いた配信アプリを独自に発表

あら! VICさんがこういう展開に歩みをすすめるとは!

株式会社VICさんは、CG、動画、音楽、企画制作など幅広いコンテンツサービスを取り扱う企業。VTuberの世界では、VTuberファン数第2位(ユーザーローカル調べ)を誇る人気タレント「輝夜月」さん、八面六臂の活躍でファン層をガッチリと掴んでいる平田さんこと「ピンキーホップヘップバーン」さんの事務所として知られます。

おはよ~~~~~~!!

8月1日にはこんな動画を発表し、夏からの活動再開を高らかに公言したばかりの月さん擁するVICさんが間髪入れずに打ち出したのがこちらのPlaplaStudio(プラプラスタジオ)であります。

PlaplaStudio(プラプラスタジオ)は、アバターモデルを用いてオンラインでのコミュニケーションを既存の機材や自宅の環境で、誰でも簡単に使用できるアプリケーション・ソフトウェア。アプリを使用することで遅延なく遠隔でのコミュニケーションを取ることができ、遠方からのデジタルイベントへの出演などの実現可能……としています。

こちらはつまり、バルスさんの「どこでもVTuber」、エクシヴィさんの「AniCast」、ラペットテクノロジーズさんの「Luppet」のような、パーソナルなスタイルでの3Dアバター配信を実現するシステムのようですね。その特徴は以下の通り。

誰でも簡単にワンオペでデジタルアバターを使用可能

PlaplaStudioは、一般的なVRヘッドセットと推奨環境のPCさえあれば、誰でも簡単に3Dアバターでのコミュニケーションを行うことができます。
従来、3Dアバターの活用には専用の機材や専門的な知識、広い空間などの多数の条件があり、導入には高いハードルがありました。一方、PlaplaStudioは低コストでの導入・1人でのかんたんなセットアップを実現しながら、身体表現や表情操作を行えるシステムを採用しています。

ここらへんは他社さんと同じような特徴を備えているようです。輝夜月/ピンキーポップヘップバーンご両名が現在使っているのもこのアプリだそう。そうか、ピンキーちゃんの生放送って自社アプリだったのかー!

遅延のないネットワークでのコミュニケーションシステム

PlaplaStudioでは、独自サーバーでのネットワーク処理を行っていて、映像そのものではなく、アプリ使用者によるモーションなどの表現データを送ることで、極めて遅延の少ないコミュニケーションの成立と高い拡張性を実現しています。これにより、オンライン会議や、遠方からのデジタルイベント出演などにおける遅延を解消できるとのこと。

ほお! ここは面白いアプローチですね。他社さんでも同様のアプローチが最近は見受けられますが(IRIAM、REALITYなど)、やはり動画データの配信→オブジェクトデータへの切り替えによる遅延解消は最近のトレンドなのかもしれないですね!

遠隔授業や遠隔接客へも対応!

当然、こういうソリューションであれば現在の世界情勢を鑑みたリモートアバターの強みを生かした提案がなされるのは自然でございまして、PlaplaStudioでも遠隔授業、遠隔接客などへの対応を全面に押し出しています。

・教育
キャラクター(3Dアバター)を用いてオンライン上での授業が行うことで、勉強に対する新しい取り組みの提示を行うことによりビジネスとしての可能性を広げます。
またアプリ画面から直接的な操作が可能なため、粒度の高いインタラクション性をご提案できます。

・店舗/企業受付/接客
商品の説明や対応を身体表現を用いた双方向コミュニケーションで行うことができます。
自宅やバックヤード、あるいは日本から全世界に向けてなど、場所にとらわれない情報発信が可能です。

のような提案をされていくそうでございまして、これは今後の活用が期待できますね。以下概要!

アプリケーション概要

対応デバイス

  • PCとOculus Rift Sのみで配信可能です。​

PC推奨スペック

  • グラフィックカード NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上
  • CPU Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
  • メモリ 8GB以上のRAM
  • ビデオ出力 DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)
  • USBポート USB 3.0ポート1つ

ということで、月ちゃんの活動再開とも併せて、VICさんのエンジンがかかってきたような印象です。今後の動きに注目していきましょう!

記事元:「オンラインで始まるSociety4.0時代」バーチャル通信ソフトウェア「PlaplaStudio(プラプラスタジオ)」がリリース -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/7/28追記 Oculus Goの年内販売終了を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HM ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-VTuberニュース, ニュース
-, , , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)