ニュース

エレコム、Oculus Quest 2の周辺機器「モバイルバッテリーホルダー」「収納アイテム」専用アクセサリー6アイテムを新発売

エレコムさんが気になる商品をぞくぞくとリリースするみたいですよ!

エレコム株式会社は24日、VRデバイス「Oculus Quest 2」を快適に楽しめるようにするアクセサリー 6アイテムを順次発売することを発表しました。

待望のクッションパッドやお手入れできるフェイスカバーなど、かゆいところに手が届く!

量が多いのでバリバリご紹介していきましょう、まずはこちら「バッテリーホルダー付きクッションパッド」。頭に優しくフィットし、長時間の頭部への負担を軽減します。頭部のサイズに合わせて装着することで快適性・没入感を向上させる仕様になっている他、さらに様々なモバイルバッテリーサイズに対応できる面ファスナー構造になっているのもイカス感じ。バッテリーのケーブルをヘッドバンドに沿って固定できるバンド付きです。なお、バッテリーおよびバッテリーケーブルはついていませんのでご注意を。

続いてこちらが「ホールドクッション」。頭に優しくフィットし、長時間の頭部への負担を軽減する仕様。後頭部全体をカバーする大型クッションタイプで通気性の良いメッシュ生地仕上げです。頭部のサイズに合わせて装着することで快適性・没入感がアップ!

こちらは「シリコンフェイスカバー」やわらかく弾力性のある素材で、目元を優しく包み込む感じ。手入れがしやすく衛生的で、水洗い可能なシリコン素材になっているのが最大の特徴となっています。やわらかく弾力性のある触り心地ということで、これは純正品よりも良さげな感じですね。

おおおお、「シリコンノイズカバー」も登場です。海外製VRHMDあるあるな「鼻周辺の光漏れ」を軽減させ、没入感の向上が期待できます。シリコン素材でできているので、こちらも水で丸洗いOK。

で、これらのアイテムを含め全部を収納できる「専用ケース」も登場します。耐衝撃仕様になっていて、ケース内側にはヘッドセットをホールドできるベルト、Touchコントローラー収納用バンド、電源アダプターとケーブルを収納可能なメッシュポケット付き。軽くて衝撃に強いEVA素材を芯材に使用しており、取り出しやすいフルオープン設計+持ち運びに便利なハンドル付きという、ユーザーにかなり寄り添った仕様ですね。

最後はこちらの「レンズプロテクトカバー」。収納時のレンズ部分への衝撃を緩和する専用設計になっています。レンズに傷をつけない滑らかな生地を採用、装着時にレンズ部分を下に向けても本製品はしっかり保持できるそう。よく屋外で使ったりする際に直射日光がレンズに当たると一発で壊れてしまうVRHMDですが、これをつければ安心! 以下概要!

製品概要

〈バッテリーホルダー+クッション〉
型番:VR-Q2CUB01BK
価格:オープン価格
URL:https://www.elecom.co.jp/products/VR-Q2CUB01BK.html

〈ホールドクッション〉
型番:VR-Q2CUH01GY
価格:オープン価格
URL:https://www.elecom.co.jp/products/VR-Q2CUH01GY.html

〈シリコンフェイスカバー〉
型番:VR-Q2FC01BK
価格:オープン価格
URL:https://www.elecom.co.jp/products/VR-Q2FC01BK.html

〈シリコンノーズカバー〉
型番:VR-Q2NC01BK
価格:オープン価格
URL:https://www.elecom.co.jp/products/VR-Q2NC01BK.html

〈専用収納ケース〉
型番:VR-Q2BOX01BK
価格:オープン価格
URL:https://www.elecom.co.jp/products/VR-Q2BOX01BK.html

〈レンズプロテクトカバー〉
型番:VR-Q2LC01BK
価格:オープン価格
URL:https://www.elecom.co.jp/products/VR-Q2LC01BK.html

詳細は下記URLよりエレコムさんのウェブサイトでどうぞ。
https://www.elecom.co.jp/news/new/20210824-02/

記事元:VRデバイス“Oculus Quest 2”もっと快適に!バッテリー残量を気にせず長時間没入できるモバイルバッテリーホルダーや収納アイテムなど専用アクセサリー6アイテムを新発売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

さあ、いよいよ3年ぶりにあのイベントが帰ってきます! ケルンメッセ株式会社は本日9日、オンラインにて記者会見を行い、コンピュータ科学分野の国際学会(ACM)の分科会「シーグラフアジア2021(SIGG ...

2

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

3

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

-ニュース
-,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)