コラム

ゴーグルさえあれば楽しめる。スタンドアローンVRについてざっくりまとめ

Stereo LabsがMRヘッドセットのデベロッパーキット「Linq」を発表

Stereo Labs Unveils ‘Linq’ – A Mixed Reality Headset For The Living Room

デュアルカメラデプスマッピングですね。高精細ステレオカメラを通じてフォトリアリスティックな方法で一緒に仮想世界と現実世界を融合しています。また20メートル先の空間にある人や物もしっかりと認識できるそうです。

クアルコム、Snapdragon 820採用のVRヘッドマウントを発表

クアルコム社が発表した、スタンドアローン型のヘッドマウントディスプレイ(HMD)。開発はGoertek社と共同で行われ、HMDにはカメラ2個による統合視標追跡、6DoF用フロントフェイスカメラ2個、シースルーアプリケーション、4基のマイク、ジャイロ、加速度計、磁気センサーなどが含まれるとのことです。

2016年第4四半期より提供され、初の商用端末がその後まもなく発売される予定とのことですが、果たして!

ASUS、Google Tango対応スマートフォン「ZenFone AR」をCES 2017で発表か? ZenFone 4は2017年Q2に発表予定

ASUS の CEO であるジェリー・シェン氏がTangoに対応した「ZenFone AR」を CES2017で披露すると明らかにしたそうです。(by jiggly)

ZenFone AR はGoogle Tangoに対応したことで、空間をリアルタイムに3Dマッピングし、対応アプリを通じて現実空間を再現した映像の中で様々な操作が可能になると見られます。詳細は明らかになっていませんが、リーズナブルな価格ながらも先進的な機能と性能を提供する製品になるだろう、と述べたとのことです。また2017 年第三四半期には HTC Vive に対抗する VRヘッドセットを発表する計画も明らかにしたと伝えられています。

先日の記事と合わせてスタンドアローンVRは「intel」「AMD」「Qualcomm」という大手チップセットメーカーが横並びになった形となりました。ASUSも2017年末には一体型VRヘッドセット出すとも報じられています。どのメーカーも精力出来ですね。
LENOVO・ZTE・LG・HUAWEIからもデュアルカメラ搭載スマホ出ていますので、この流れならモバイルVRにも対応するかもしれません。これからの情報から、目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム
-, , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)