コラム

Quillが気になるならこちらも押さえよう! HTC Viveの3Dお絵かきソフト「Tilt Brush」など

こんにちわこんばんわ。

先日ご紹介しましたFujitaさんのムービー、ヤバかったっすねー!

Goro FujitaさんのVRムービー作品「Worlds in Worlds」がヤバすぎる!

こちらのムービー、ご紹介しました通りOculus Story Studioの「Quill」というアプリケーションで描かれております。まるで目の前の空間で絵筆を動かすかのようにOculus Touchを~。さらさら~。

さて、今回はQuillのようにVR空間をお絵かきできるソフトをご紹介しましょう。

OculusがQuillならViveにはTilt Brushがあるぜ!

HTC ViveにはOculus Touchのようなコントローラがすでにセットでついております。

これですね。持ってる方の腕がゴツイですけども。

このコントローラを目の前の空間にさらさら~と動かして絵を描くソフトが「Tilt Brush」です。

Tilt Brushは、Googleが開発したHTC Vive用お絵かきソフトです。お値段29.9ドルは、奇しくもQuillとだいたい同じ(2990円)。

特徴的なのは、そのインターフェイス。右手が筆とすれば、左手に現れるインターフェイスがまるでパレット!

手に持つコントローラの差もあるのでしょうが、アプリケーションのカラーががっつりと出てる感じですね。非常に視覚的にわかりやすいというか機能的。Quillはもっとアーティスティックな印象が強めです。

彫刻や陶芸みたいに形を作っていく「Medium」

この他にもいろいろなアプリケーションが発表されています。Oculusからご紹介するのは「Medium」。

こちらはQuillの絵筆的なイメージというよりも、VR空間で彫刻(スカルプチャ)をダイレクトにやっちゃおう!的なイメージです。

 

球や立方体などのオブジェクトを空間にバリバリ置いたり、そのオブジェクトにスプレーでペイントしたり。お絵かきアプリ一つとっても、いろんなアプローチがありますねー。

それもVR空間と、HMDと、コントローラの全てが合わさってなせる業。これからもっといろいろなアプローチのアプリが出てきそう。

また新しいアプリケーションを見つけましたら、わかりやすい形で随時ご紹介していきます。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

開始3分でこの大盛況ぶり。さすがは会長でした。 ホロライブ所属のバーチャルタレント、桐生ココさんが本日20時より始まりました卒業ライブを持ってホロライブプロダクションを卒業しました。 これぞ有終の美。 ...

2

それは、まさしく青天の霹靂でありました。 本日2021年6月9日12時、ホロライブ4期生として活動している「桐生ココ」さんが配信上にて、本年7月1日を持ってホロライブを卒業することを発表しました。 桐 ...

3

2021/5/12追記 VIVEシリーズの新商品発表を受けて、更新を行いました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / ...

-コラム
-, , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)