コラム

Quillが気になるならこちらも押さえよう! HTC Viveの3Dお絵かきソフト「Tilt Brush」など

こんにちわこんばんわ。

先日ご紹介しましたFujitaさんのムービー、ヤバかったっすねー!

Goro FujitaさんのVRムービー作品「Worlds in Worlds」がヤバすぎる!

こちらのムービー、ご紹介しました通りOculus Story Studioの「Quill」というアプリケーションで描かれております。まるで目の前の空間で絵筆を動かすかのようにOculus Touchを~。さらさら~。

さて、今回はQuillのようにVR空間をお絵かきできるソフトをご紹介しましょう。

OculusがQuillならViveにはTilt Brushがあるぜ!

HTC ViveにはOculus Touchのようなコントローラがすでにセットでついております。

これですね。持ってる方の腕がゴツイですけども。

このコントローラを目の前の空間にさらさら~と動かして絵を描くソフトが「Tilt Brush」です。

Tilt Brushは、Googleが開発したHTC Vive用お絵かきソフトです。お値段29.9ドルは、奇しくもQuillとだいたい同じ(2990円)。

特徴的なのは、そのインターフェイス。右手が筆とすれば、左手に現れるインターフェイスがまるでパレット!

手に持つコントローラの差もあるのでしょうが、アプリケーションのカラーががっつりと出てる感じですね。非常に視覚的にわかりやすいというか機能的。Quillはもっとアーティスティックな印象が強めです。

彫刻や陶芸みたいに形を作っていく「Medium」

この他にもいろいろなアプリケーションが発表されています。Oculusからご紹介するのは「Medium」。

こちらはQuillの絵筆的なイメージというよりも、VR空間で彫刻(スカルプチャ)をダイレクトにやっちゃおう!的なイメージです。

 

球や立方体などのオブジェクトを空間にバリバリ置いたり、そのオブジェクトにスプレーでペイントしたり。お絵かきアプリ一つとっても、いろんなアプローチがありますねー。

それもVR空間と、HMDと、コントローラの全てが合わさってなせる業。これからもっといろいろなアプローチのアプリが出てきそう。

また新しいアプリケーションを見つけましたら、わかりやすい形で随時ご紹介していきます。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2024/4/7追記 Oculus Rift Sの在庫限り終売を受けて、新たに記事を書き直しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display ...

2

さあ、ソニーの本気が徐々にその姿を表してまいりました! ソニーは18日、PlayStation 5向けに開発されている次世代「PlayStation VR」システムの新しいコントローラを公開しました。 ...

3

【重大発表(1)】2021/2/17(水)東京ガーデンシアターhololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』開催決定! 視聴🎫発売 & 会場来場🎫1次先行受付開 ...

-コラム
-, , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)