コラム ニュース

今年も行きます!「Inter BEE 2018」が11月14日~16日に幕張メッセで開催。「デジタルコンテンツEXPO2018」も同時開催!

投稿日:

3年連続3回目です!

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は、11月14日(水)から16日(金)までの3日間、幕張メッセで、最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスのイノベーションが一堂に会する「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回]2018年国際放送機器展」を開催します。

「音と映像と通信のプロフェッショナル展」が今年も開催! VRon開設2周年の日に取材させて頂きます!

Inter BEEは、私共VRonが節目節目でお邪魔している「音と映像と通信のプロフェッショナル展」でございます。

Inter BEE 2017に行ってVR/ARの最前線を見てきました!(その1・当日ツイートまとめ)

昨日もご案内しました通り、15日から明日17日まで幕張メッセにて開催されております「Inter BEE 2017」。本日取材に行って参りました! 昨日は落合陽一さんが #InterBee2017 で弊 ...

続きを見る

こちらが去年の取材ダイジェスト。もうあれから1年経っちゃったんですね!

【InterBEE】クリークアンドリバーのスタンドアローンVRディスプレイ(インプレッション)

11月16日~18日にかけて幕張メッセにて開催されました国際展示会「InterBEE」に行って参りました。いろいろと気になるものがありましたが、一つ一つ紹介していきましょう。 まずはクリーク・アンド・ ...

続きを見る

そしてこちらが一昨年。VRonの栄えある「2回目」の記事が、クリーク・アンド・リバーさんの「IDEALENS K2」紹介記事でした。

実はと申しますと、VRonはもうすぐ2周年を迎えます(11月16日)。その記念すべき2周年を「Inter BEE 2018取材」で迎えられることはなによりも感慨深く、そして3年目に向けて身の引き締まる思いであります!

今年のInter BEE 2018は、コンテンツを中核として「つくる(制作)」「おくる(伝送)」「うける(体験)」の領域を網羅する、メディアコミュニケーションとエンターテインメントの総合イベントとして開催されます。

9月末の時点で過去最多となった前回の出展者数「1,139社」を突破! 名実ともに過去最大規模での開催になるとのことです。特に今回はこんな展示が待ち受けています!

新4K8K衛星放送開始直前! その全貌が明らかに!

2018年12月1日の「新4K8K衛星放送」の開始直前となる本年のInter BEEでは、4K8K制作の最新技術はもちろんのこと、今年サービスを開始する各チャンネル9社(NHK、BS朝日、BS-TBS、BSテレ東、BSフジ、東北新社メディアサービス(ファミリー劇場など)、SCサテライト放送(ショップチャンネル・日テレNEWS24)、QVC、スカパー)の紹介、 市販受信機の実機デモと受信システム機器の実機展示による受信方法の紹介……などなど、新4K8K衛星放送に関する多くの展示が予定されています。

メディア&エンターテインメントで活用される「5G」を特別展示

次世代の通信規格「5G」(第5世代移動通信システム)についてもInter BEEは大フィーチャーします! 今回は特別展示「INTER BEE 5G」を開催。5Gのユースケースとして期待されるメディア&エンターテインメント分野での活用の可能性を紹介し、5G関連事業者と映像制作者、放送事業者、配信事業者、コンテンツホルダー等とのネットワーキングの場として展開していきますよ。

11月16日(金)の基調講演では「5Gセッション2018」を開催、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社の第一人者が登壇予定です!

合計100を超える多彩なセッション

Inter BEEといえば! 多彩なラインナップで知られるセッション・講演ですね。

今年のINTER BEE FORUM講演プログラムでの注目キーワードは、「ポスト2020」「eスポーツ」「AI」「5G」「IPライブ伝送」……と、最先端を行くキーワードが並びます。また今年も最新映像制作の最前線を伝える「INTER BEE CREATIVE」、放送と通信の融合をテーマとする「INTER BEE CONNECTED」、新しいメディア空間の表現提案をする「INTER BEEIGNITION」の3つが開催されまして、そのセッションの数は100を優に超えるボリュームです!

各セッションへの参加は事前の登録が必要です。定員制ですので、登録はお早めに!

今年もあります! 世界最大規模の高品質スピーカ体験

さらに、Inter BEEの恒例企画となったライブイベントなどで使用するスピーカ体験デモを今年も実施します。幕張メッセイベントホールの大型アリーナに世界最大規模の15製品が一堂に会して、大音響でそのクオリティを体感できますよ。

展示ホールでは、プロユースのマイクロフォンとヘッドフォンの体験コーナーも実施。ハイクオリティな製品を一気に体験できるまたとないチャンスです!

そして、今年はこれだけではありません! なんと、あの展示会が同時開催されちゃうんです!

「デジタルコンテンツEXPO 2018」が同時開催!

昨年まで日本科学未来館で開催されておりました、一般財団法人デジタルコンテンツ協会主催の「デジタルコンテンツEXPO 2018」が、今年は幕張メッセにやってきます!

本年、第11回目を迎える「デジタルコンテンツEXPO」は、五感に訴える表現や認知科学の成果等が結実した先端デジタルコンテンツ技術をテーマとする国際イベント。展示、コンファレンス、ショートピッチを通してクリエイターや開発パートナーとのマッチングを目指しています。

同展の主な展示は、CG、XR、AVATAR、AI、バーチャルYouTuber等の先端技術がメインテーマで、毎年多くの新しい技術展示が話題になっていますね。

また今回は、革新的なコンテンツ技術を発掘・発信することを目的とした「Innovative Technologies 2018」、「国際学生ヴァーチャルリアリティコンテスト」の決勝戦も開催、さらに経済産業省コンテンツ産業新展開強化事業の一環として、先端コンテンツ技術のビジネス化を支援する「Biz Tech*Match」で選考された5件も展示されます。

12月に開催されます「SIGGRAPH Asia 2018 TOKYO」のブースも出展しますよ。CAFの入賞作品も上映されるそうですので、こちらも要注目です!(コンファレンスへの参加には事前登録が必要です)

その他、CEATEC JAPANのKDDIブースでご紹介した「テレイグジスタンスの今-時空間瞬間移動産業とテレイグジスタンス社会への挑戦-(15日・10時30分~)」や、「コンテンツ技術が私たちの生活を変える?! ~最新映画・アニメにみる未来~(15日・16時~、IGNITION内オープンステージ)」等のコンファレンスも数多く開催されますよ。これは楽しみ!

以下、両展の開催概要です。

Inter BEE 2018 開催概要

会期:2018年11月14日(水)・15日(木)10:00-17:30 11月16日(金)10:00-17:00〔3日間〕
会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
入場:無料(登録制)
主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
後援:総務省、経済産業省(建制順)、NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会、一般財団法人デジタルコンテンツ協会、一般社団法人放送サービス高度化推進協会(順不同)

デジタルコンテンツEXPO 2018 開催概要

会期:2018年11月14日(水)-16日(金)10:00-17:30 ※最終日は17:00にて終了。
会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1 *Inter BEE 2018と同時開催)
主催:一般財団法人デジタルコンテンツ協会 http://www.dcaj.or.jp/

いやー、今年は例年以上にボリュームたっぷり、しかも2つの展示会が同時開催とあっては、この機会を逃すわけには行きませんね!

VRonはサイト開設からちょうど2周年の11月16日(金曜日)にお邪魔させて頂きます。ガッツリと取材してまいりますので、どうぞお楽しみにー!

記事元:「デジタルコンテンツEXPO2018」プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

2

【2018年10月18日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-コラム, ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.