コラム

ARスポーツ「#HADO 」夏の陣・決着!「SUMMER CUP 2019」が8月25日に品川で開催【直前観戦ガイド】

更新日:

株式会社meleapが主催するARスポーツ「HADO」の日本選手権大会「HADO SUMMER CUP 2019」が、2019/8/25(日)に品川インターシティホールにて開催されます。

本大会に出場する8チームが決定いたしましたので、開催を1週間前に控えた本日、直前ガイドとしてご紹介させていただきましょう!

今年も「HADO」の夏がやってきた! 世界で大注目のARスポーツをおさらい!

上の動画は5月に開催されました「SPRING CUP」の公式ダイジェスト。かっこいいっすねー!

HADO(ハドー)は、ウェアラブルデバイスを装着し、自らの手でエナジーボールを撃ち合う、AR(拡張現実)を用いた新感覚のスポーツ。プレーヤーはエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、基本的に3対3のチームで点数を取り合って対戦します。

現在HADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界で店舗を展開中です!

ルール概要

基本的な本戦のルールは以下の通り(特に断りがない限り、2019年度のレギュレーションに基づいています)。

  • 腕を地面に対して直角に上げるとエナジーボールを打つためのエナジーがたまっていき、溜まった状態で腕を前に突き出すと、その方向にエナジーボールが放出される。最大で5発分のエナジーを貯められる(=最大で5発まで連射が可能)。
  • 各プレイヤーは前方に花びら状に設置された4枚の「ライフ」を持つ。ライフはエナジーボールが当たると剥がれ、ライフを0枚にすると相手に1ポイントが入る。ライフの中央にエナジーボールを当てれば4枚のライフを1度ですべて剥がすことも可能。ライフがなくなると数秒後に4枚すべて復活する。
  • 腕を下げて静止させると「シールドゲージ」がたまり、溜まった状態で腕を振り上げることで目の前にシールドを張ることができる。シールドは1試合につき3回まで生成可能。
  • 1試合の時間は80秒。3対3で試合を行い、制限時間内で多く得点を取ったほうが勝利。
  • 80秒経過時に同点だった場合は10秒のインターバル後に「オーバータイムマッチ」(ゴールデンスコア方式の延長戦)を行い、勝敗を決する
  • 試合前に各プレイヤーに「ステータス設定」の時間が与えられる。10ポイントの範囲内で4つのステータス(エナジーボールの速さ / エナジーボールの大きさ / エナジーゲージの溜まる速さ / シールドの耐久力)に最大4ポイントまで付与できる。設定可能な時間はデバイス装着後原則として30秒以内。
  • 試合と試合の間に選手の交代が認められる。デバイスを装着するまでに交代を完了すること。試合が始まったら交代は不可。
  • 試合の中断→再試合ができるのはいかなる場合でも運営事務局のみ。選手側からの試合中断は認められない。ただし、怪我や機材トラブルが発生した場合は選手がフィールド外に出ることができ(一旦出たら再度フィールドには戻れず技も放てない)、その上で審判が試合中断・再試合の判断を行う。
  • コートは6m✕10m(本戦レギュレーション時)。
  • ゲーム開始後、緊急の事態でない限りプレイヤーが中央の「センターライン」、両側の「サイドライン」を超えるのは反則(「警告」が与えられる)。
  • 故意にマーカーを引っ張ったり、揺らしたりしてはいけない(1試合中に故意に2回違反するとその時点で敗戦が決定する(スコアは0-10となる))。
  • 相手チームのプレイヤーを物理的に触ってはいけない(1試合中に故意に2回違反するとその時点で敗戦が決定する(スコアは0-10となる))。
  • 試合開始直前にシールドやエナジーボールを発動させ、試合に影響を及ぼす行為をした場合、一発で敗戦が決定する(スコアは0-10となる))。
  • 本戦は予選を突破した8チームによるトーナメントを行い、優勝チームを決定する。2試合先取で勝利。

という感じです。これらを踏まえつつ、本大会を勝ち上がった8チームをご紹介していきましょう! ……っと、その前に。

実は、前回の「SPRING CUP」に出場していた「SLAM DIVA」が、SUMMER CUPへの参加を辞退しています。

HADOチーム最古参の一つとして活動を続けている皆さんだけにとっても寂しいですが、ここはWORLD CUPでの華麗なる復活を期待したい!

さて、SLAM DIVAさんはこの時ランキングが4位でしたので、1枠空きができたことになります! 今回の本戦に至るまで、各大会や予選大会で死闘が繰り広げられた結果、本戦に進出するチームは……。

グランドスラムシーズン第2戦「SUMMER CUP」、予選を突破した8チームは?

今回の「SUMMER CUP」の出場資格は以下の通り。

  • 大会1ヶ月前の時点で公式ランキングが4位以内(グレード:GOLD1)にいる4チーム
  • 大会予選(2回開催)にて上位2チームに進出した合計4チーム

の合計8チームが出場します。つまり、確実にグランドスラム大会に出場するためにも多くの公式戦に出場し、ランキング上位を目指すことが各チームに求められる、というわけです。では、今回その予選を突破した8チームをすべてご紹介していきましょう!

わちゃわちゃ☆ピーポー(ランキング1位)

昨年の全グランドスラム大会を総ナメ、今年の「SPRING CUP」も制した、まさしく絶対王者が1位通過です。昨年MVPを獲得した「BIG-U」選手(写真一番左)を筆頭に個々のポテンシャルがキラリと光る、HADOの中心をひた走っているチーム。

SPRING CUP後、タナカユカリ選手が脱退し4名体制になりましたが、各人の高い実力でトップに君臨し続けているのは流石の一言。このままの勢いで本大会も制してしまうのか……!

わちゃごな☆ピーポー(ランキング2位)

JAPAN LEAGUE 2019 SPRINGも準優勝、なかなか優勝に手が届かない「わちゃごな」が、てっぺんを狙います!

今年5月に新たに「Shota」選手が入団。6月に「Seimei」選手が脱退し再び3名体制で本大会に挑みます。なんと言っても前回の「SPRING CUP」では王者わちゃわちゃにあと一歩まで詰め寄りました。シルバーコレクターの二つ名を返上できるのか、注目です!

iXA/ANATSUCHI(ランキング3位)

ゲーミングチーム「TEAM iXA」に所属してからさらにフィジカルの強さが増した「iXA/ANATSUCHI」が3位で予選通過です。

今シーズンは「MASTERS CUP #7」でわちゃわちゃ☆ピーポーをオーバータイムマッチの上で下し、見事優勝をスコア! 確実に上位チームとの差が縮まっております。果たしてジャイアントキリングを決めることができるのか……!?

思考行結-あひる組-(ランキング4位)

もはや強豪チームの一角として地位を確立しつつあるあひる組がランキング4位で通過です!

MASTERS CUP #6では準優勝(優勝はわちゃわちゃ)、その後の#7,#8も3位をスコアするなど、安定した戦績でポイントを積み上げての4位通過、これはホンモノです!

ヒュブリス(7月28日予選1位通過、ランキング5位)

7月28日の予選を1位通過したのは「ヒュブリス」!

「前P」選手(写真左から2番目)と「りゅう」選手(写真左から3人目)のコンビネーションが抜群! 回避能力の高さが光る「パンちゃん」選手(写真一番左)、チームの頭脳を担う「シャア」選手(写真一番右)とのチームワークも素晴らしく、予選を盤石の勢いで突破していきました。昨年グランドスラム大会を3位で駆け抜けてきた実力が再び開花するのか! 注目です。

チャリオット(7月28日予選2位通過、ランキング10位)

本シーズン最大のダークホース! ランキング10位のチャリオットが予選を2位通過しました!!

ADVANCE CUPではほぼ無双状態で3大会連続優勝を達成(#9,#10,#11)。今年1月に結成したばかりとは思えない進化を遂げ本戦への切符を手にしています。若さゆえのフィジカリティを武器に、強豪チームへどこまで食い込めるのか!?

EXPENDABLES(8月4日予選1位通過、ランキング7位)

やっぱりここぞというところでEXPENDABLESはやってくれます! 8月4日の最終予選をきっちりと1位通過、本戦に勝ち上がってきました。

HADOでは完全に「ヒール」+「ネタ担当」のポジションを確立した古参チームですが、このチームでもメンバーチェンジが発生しています。5月に「うの」選手が脱退しましたが、6月に「ひょうが」選手が加入。彼は2017年に世界3位を記録したチーム「REN」に所属しており、高い実力を持ちます。

この加入がどう影響していくのか。「鈴木優也」選手(写真後方中央)の今回の一ネタは果たして何か! いろんな意味で注目です!

華より酒!(8月4日予選2位通過、ランキング9位)

そして! SUMME CUP最後の切符を勝ち取ったのは今回もこちらの皆さん!「華より酒!」です!

各大会では安定した試合展開で予選ブロックを上位の成績で進むなど、徐々に安定した戦績を残しつつあります。さらに6月からは「つぐ」選手が加入しパワーアップ。他チームとは一味違う独特な試合運びと、各選手間の高低差を生かしたフットワークは特筆すべきでしょう。本大会ではどこまでいけるのか、期待しましょう!

決戦は8月25日、品川インターシティホールで開催。入場券絶賛発売中!

大会詳細

観戦チケット情報・対戦表

自由席:1,500円

観戦チケットのご購入はこちらから!
https://l-tike.com/sports/hado/
https://hadosummercup2019.peatix.com/

本大会、HADOさんは観戦チケットの代金を下げてきました! なんと1,500円! いやいやいや、マジで安いです! まだまだチケットは絶賛販売中ですので、気になる方はぜひチケットをゲットして、生で観戦してください。絶対目の前で実際に見たほうが楽しいです! 保証します!

もちろん、今回もVRonは取材でお邪魔させていただきますよー。当日の「ツイートで実況」も恒例となってまいりました。8月25日、ぜひ会場でお会いしましょうー!!

情報提供:株式会社meleap

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / VRヘッドセット / VRゴーグル」が販売または配布されていますが、これらをザッと ...

2

【2019年7月19日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-コラム
-, , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.