ニュース

コエステ、個人の声を音声合成技術で再現・保存できるサービス「デジタルボイス・プレミアム」 の提供を開始

エイベックス子会社のコエステ株式会社は8日、40年以上にわたる研究開発により培われた音声合成技術をもとに、エイベックスのスタジオで収録する音源から個人の声の特徴を学習し、いつでも音声出力できるようになる「デジタルボイス・プレミアム」を本日より提供開始しました。

貴方の声の「分身」を永久保存…!?

ボイスサンプリングもここまできましたか……!!

今回コエステさんが発表した「デジタルボイス・プレミアム」は、自分の声をさまざまな分野で広く活用したい、もしくは病気などの事由で今の声を残しておきたいと考える個人に向けたサービス。収録した音声からその特徴を抽出した声の分身=「コエ」を作成しておくことで、テキストを入力するだけでその人の声色や喋り方を再現した合成音声をいつでも生成することができるようになります。

昨今IoTの普及などで音声インタフェース(Voice UI)の重要性が高まり、スマートスピーカーの音声や動画のナレーションなど活用される場が急速に広がっているのは御存知の通り。今やテレビのナレーションやニュース読み上げにまで使われる次代です。

コエステさんの「コエステーション」は、収録音声の音色や抑揚、リズムなどの特徴を合成音声に最適に反映する技術や、 統計的な学習に基づく滑らかなパラメーターを生成するコア技術により、人間に近い自然な発話が可能で、その再現性の高さが特徴とのこと。公式ページにて音声サンプルが聞けるのですが、おおおお、なかなかの再現度ですよ!

(https://coestation.jp/consumer/digitalvoicepremium/)

活用できるシーンは多岐にわたり、たとえば忙しい経営者に代わって本人不在の場でも広く講演やプレゼンテーションを行ったり、創業者の「コエ」で何代にもわたって従業員に新しいメッセージを届けたりできるようになる、としています。

気になる価格は50万円(税抜)。流石に良いお値段でございますが、自分オリジナルの音声合成ボイスが手に入ると考えれば、安いお買い物かもしれません。

今後は、SNSメッセージを送信者本人の「コエ」で送ったり、スマートスピーカーの音声を身近な人の「コエ」で出したりなど、各種サービス企業との連携実現を目指しているそうでございまして、様々な活用シーンが見えてきそう。初音ミクや「ゆっくりさん」などで培われてきた音声合成技術が、これでまた一つ進化しそうですね。

記事元:個人の声を先進の音声合成技術で再現しそのまま保存できる、コエステーション「デジタルボイス・プレミアム」 提供開始 -PRTIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/9/23追記 Oculus Quest 2の発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降H ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)