コラム

HADO SPRING CUP 2018に行ってARスポーツ「HADO」の真価を確かめてきました!(現地ツイートまとめ)

更新日:

株式会社meleapは4月21日、ARスポーツ「HADO」の大会「HADO SPRING CUP 2018」を開催しました。

HADO WORLD CUP 2017に行ってテクノスポーツ「HADO」の神髄を見てきました!(現地ツイートまとめ)

株式会社meleapは12月3日、新感覚テクノスポーツ「HADO」の決勝大会「HADO WORLD CUP 2017」を開催しました。 今回、VRonは直々にお誘いを頂きまして、がっつりと取材させてい ...

続きを見る

今回、VRonは昨年に引き続き直々にお誘いを頂きまして、ガツーンと取材させていただきました。誠に、誠にありがとうございます!

開催当日は現地から動画をメインにツイートをさせて頂きましたので、そちらを交えながらレポートさせて頂きます。なお、当日の模様はYouTube配信されました。以下よりご覧いただけますので、ぜひ!

VRonによる現地レポート

今回も東京タワーのふもとにあります、「スターライズタワー ジュピタースタジオ」にて開催されました。

お笑いコンビ「ヴェートーベン」の司会で、大会がスタート!

 

対戦は第1試合から白熱しました! なんと!昨年の覇者「わちゃごな☆ピーポー」と、準優勝者「SLAM DIVA」がいきなり1回戦でぶつかり合うという、めちゃくちゃ胸熱な展開です。

昨年と同様、試合の様子はフィールド上部に投影されたプロジェクターの映像で観戦することができました。事実上の決勝戦、とも目された戦いは「わちゃごな☆ピーポー」が勝利。

大会の模様はこちらの実況ブースにて実況が行われておりました。昨年も感じたことですが、ここらへんの作り込みとかが本当にしっかりしていらっしゃる!

HADOというゲームを何倍にも面白くしているのが、前回もご紹介した「オーバータイム」ルール。80秒動きっぱなしの上にインターバルがたったの10秒、というシビアなものですが、当日では負けている側がオーバータイムに持ち込む前提で作戦をスイッチするなど、このルールを踏まえた戦術を投入するチームもありました。

決勝戦は初の「兄弟対決」。激戦を制したのは……

昨年のワールドカップ本選に進出したチームが6チーム、本戦に初出場したチームが2チームという合計8チームで行われました今回のSPRING CUP、決勝に残ったのは……

昨年のワールドカップを制した「わちゃごな☆ピーポー」と、兄弟チームであります「わちゃわちゃ☆ピーポー」の2チーム。8チームの中でも運動量と持久力の面で優位に立ってきた両チームが、いよいよ決勝でぶつかります!

フルセットにまでもつれた決勝を制したのは「わちゃわちゃ☆ピーポー」! 優勝報酬40万円と、秋に行われます「ワールドカップ2018」への出場権を手にしました! おめでとうございます!

以下、最終結果です。

  • 優勝 わちゃわちゃ☆ピーポー(報酬:40万円+ワールドカップ出場権)
  • 準決勝 わちゃごな☆ピーポー(報酬:15万円)
  • 第三位 ヒュブリス(報酬:5万円)

日々進歩する戦術とアップデートするシステム、可能性は無限大!

今回の大会を通じて一番強く感じたのは、昨年よりも各チームが様々な戦術を練り、対策をしていたことでした。以下の写真をぜひご覧いただきたく。

こちらのプレイヤーさん、何も疲れてへたり込んでいるのではありませんでして、

  • しゃがんで身をかがめることにより、相手が放ってくる球が自分に当たりにくくしている(アタリ判定を狭くする)
  • わざと一番前に行き「囮(おとり)」になることで、相手プレイヤーの関心を引き、自分側のプレイヤーが攻撃しやすくする

という狙いがあるんですね! この「最前でしゃがむ」スタイルは複数のチームが対戦で行っていましたので、どうやらHADOにおける戦術として確立されつつあるみたい。

それと、大会中にこんなのもありました。

動画をご覧いただくとわかるのですが、最後残り15秒あたりで「わちゃごな☆ピーポー」がきれいに全員シールドを張ってるんです。これは事前に打ち合わせないとできない展開で、さらに言えば「自分のチームがリードしていて、追いつかれそうなのを理解している状況」であるがゆえに成立する戦術です。

こういった様々な戦術が、各チームごとに独自のバリエーションで試されていたことが非常に印象的でした。それはつまり、この「HADO」が競技スポーツとして成長しているってこと。

今や海外でも展開しているHADO、そのポテンシャルの高さは、筆者の予想をはるかに超えておりました……!

次回「SUMMER CUP」は9月開催予定、引き続きVRonは追いかけます!

最後は、株式会社meleap代表取締役CEOの福田さんから頂いたコメントで〆。

今年は今回の春に加え、夏(SUMMER CUP)と秋(WORLD CUP)の3シーズン制で行われます。福田さんのお話しでは、すでに開催されている「MASTER'S CUP」「BEGINNER'S CUP」に加え、新たな大会も開催されるみたいですね。これは楽しみ!

というわけで、VRonは引き続き「HADO」を追いかけてまいります。どうぞお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

いやーーー、勢いが違いますね! Oculusが5月1日から一斉に販売を開始したスタンドアローンVRヘッドセット「Oculus GO」。日本にも続々到着しVR界隈を賑わせております! VRonもご多分に ...

2

さあて、10月17日がやってまいりましたよ! 10月17日がどうしたのって? 決まってるじゃないですか、Windows Mixed Realityが動作可能になる「Windows 10 Fall Cr ...

3

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

4

【2018年5月15日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやH ...

5

株式会社meleapは4月21日、ARスポーツ「HADO」の大会「HADO SPRING CUP 2018」を開催しました。 今回、VRonは昨年に引き続き直々にお誘いを頂きまして、ガツーンと取材させ ...

-コラム
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.