SIGGRAPH Asia 2018 TOKYO コラム ニュース 特集

SIGGRAPH Asia 2018 TOKYOレポート8(「VR / AR」「E-Tech」アワード受賞者発表)

投稿日:

2018年12月4日から7日までの日程で、東京・有楽町にあります東京国際フォーラムにて開催されました「シーグラフアジア2018」(SIGGRAPH Asia 2018)。さて、本日公式なプレスリリースが出ましたので、こちらのご紹介をして参りましょう!

SIGGRAPH Asia 2018 TOKYOは9,700名以上の登録参加者を集め、史上最高規模に!

「SIGGRAPH Asia 2018」運営事務局(ケルンメッセ株式会社)は13日、11回目の開催となった本カンファレンスの公式登録者が世界59の国と地域から「9,735名」と、SIGGRAPH Asia史上最大の登録者を記録したと発表しました。

今回は1日のみの参加だけでなく、複数日の参加を前提とした「フルカンファレンスパス」など通し券を購入した登録者が多数いたとのことで、会期中はこの公式人数よりも多くの来場者が訪れたと推測される、としています。

今回は特にチケットのいらない「CAF -プロダクションギャラリー」の展示もありましたから、10,000人という数は超えているんじゃないかとVRon的には思います。10月の記者会見で安生さん(カンファレンス・チェア)がお話しされていた「目標1万人」に匹敵する多くの人が訪れた、というのは、今後の日本におけるSIGGRAPHの位置づけにも大きく影響するのではないかと!

「VR / AR」「E-Tech」部門の受賞者が正式発表!

今回のSIGGRAPH Asia 2018では、「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル(CAF)」「Virtual Reality and Augmented Reality (VR/AR)」「Emerging Technologies」の各プログラムにおいてアワードが設定されています。CAFについてはすでにVRonでも3賞のご紹介をさせて頂きましたが、「VR/AR」「E-Tech」の両プログラムでも各賞が正式に発表されましたので、ご紹介しましょう!

「VR / AR」プログラム・アワード受賞者

Best VR/AR Technology Voted by Committee: FiveStar VR(首都大学東京、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、電気通信大学、豊橋技術科学大学)

賞金250ドルにトロフィー、そしてHTC NIPPONさんからViveが送られました!(写真一番右はVive JAPANの西川さん) おめでとうございます! 2位・3位は以下の通りです。

  • 第2位: MR360 Interactive: 360°映像内でデジタルクリーチャーと戯れる(ヴィクトリア大学ウェリントン、株式会社オー・エル・エム・デジタル、株式会社ポケモン)
  • 第3位: Lotus: 霧を用いた嗅覚ディスプレイによる仮想環境における没入体験の強化(台湾:国立台湾大学、淡江大学、国立交通大学)
  • 第3位: Space Fusion: Space Fusion: 3Dシーンの解析を用いたコンテキストアウェアなインタラクション(株式会社ソニー・インタラクティブエンターテインメント)
Best VR/AR Content Voted by Committee: Rapture of the Deep VR (ドイツ:Film Academy Baden-Württemberg )

こちらは優れたコンテンツに贈られる賞。同じく250ドル・トロフィー・Viveが授与されました。2位・3位は以下の通り。

  • 第2位: “The player is the star” - 複合現実世界の未来への展望(バンダイナムコスタジオ)
  • 第3位: Art Plunge: 有名な芸術作品の内なる世界を体験する(Space Plunge:スウェーデン・シンガポール)
  • 第3位: Flow Zone: クロスモーダルの音楽制作VR体験でフロー状態を誘発する(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)

「E-Tech」プログラム・アワード受賞者

続いてはエマージングテクノロジーの受賞者をご紹介しましょう!

Best Demo Voted by Attendees: Hap-Link : 指先の触覚を前腕に提示するウェアラブルデバイス(電気通信大学)

出典: SIGGRAPH Asia 2018

Best Demo Voted by Committee: Relaxushion: 体性感覚の上書きによる緊張緩和のための呼吸リズムの制御(東京大学)

出典: SIGGRAPH Asia 2018

こちらの2つの発表にも、賞金250ドルとトロフィーが贈られました。おめでとうございます!

来年はオーストラリア・ブリスベンで開催!

来年の「SIGGRAPH Asia 2019」は、2019年11月17(日)〜20日まで、オーストラリア・ブリスベンで開催されます。

2019カンファレンス・チェアを務めるTomasz Bednarzさんのコメントをご紹介しましょう!

「オーストラリアでの初開催となるSIGGRAPH Asia 2019 (SA2019)の会場はブリスベンで、地元では「Brissy」と呼ばれています。カンファレンスの開催テーマは、「DREAM ZONE!」です。これは、コンピュータ・グラフィックスやインタラクティブ技術による作品を、完全に革新的な方法で実現することで、その知覚や相互作用を拡張する、不思議な体験をしてもらう事ができる、というものです。SIGGRAPH Asia 2019は、北米で開催されるSIGGRAPHからStudio・プログラムを紹介するほか、アンダーグランドのハック・コード・アート・コミュニティによる、制限駆動型のリアルタイム・コンピュータ・グラフィックスから触発された「デモシーン・プログラム(Demoscene Program)」を初めて行う予定です。ぜひ、皆さんもSIGGRAPH Asia 2019の予定をカレンダーに入れて、美しいクィーンズランドにお越しください」

SIGGRAPH Asia 2019に関する詳細情報は、こちらをご参照ください( http://sa2019.siggraph.org )。来年はオーストラリアかあ……。行きたいなあ……。

筆者には大きな目標ができました。来年のブリスベンまでにVRonをより多くの皆さんに見て頂けるサイトにできるよう、もっともっと頑張ります。これからもVRonを何卒宜しくお願い致します!

さあ、この後すぐ「E-Tech」ご紹介記事一つ目。アワードを受賞した2つの発表を詳しくご紹介します。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 「ねえ、VR見たいんだけど! 今作ってるん ...

2

【2019年2月1日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-SIGGRAPH Asia 2018 TOKYO, コラム, ニュース, 特集
-, , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.