ニュース

NEWVIEW、ARを使ったユーザー参加型のMV制作プロジェクト「NEWVIEW CYPHER #Music」公開。YOASOBIが楽曲「夜に駆ける」を提供

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区)、株式会社パルコ(本部所在地:東京都渋谷区)、株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)による共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、ジャンル特化のxR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER(ニュービュー・サイファー)」第5弾となる「NEWVIEW CYPHER #Music(ミュージック)」を公開。「小説を音楽にするユニット」YOASOBIの楽曲「夜に駆ける」とARを使ったユーザー参加型のMV制作プロジェクトを実施、参加アーティスト/クリエイターの募集を開始しました。

NEWVIEW CYPHERは、あらゆるジャンルのクリエイティブ表現をフリースタイルにxR表現し合うコミュニティ活動です。詳しくは下記記事にてご紹介しておりますので是非ご覧ください!

上記記事ではまだ、2つのジャンルの応募が発表されておりませんでしたが、その一つ「NEWVIEW CYPHER #Music」の詳細が発表されました!
第5弾の「NEWVIEW #Music(ミュージック)」は「AR × MUSIC」。音楽の新たな表現や体験の可能性として、「小説を音楽にするユニット」YOASOBIと共に、UGC(ユーザー生成コンテンツ)型の新たなARミュージックビデオ文化を作り出すことを目指していきます。………とのこと。

かなり気になる情報。どのような募集になるのか見ていきましょう。

「NEWVIEW CYPHER #Music」

「NEWVIEW CYPHER #Music」では、YOASOBIとユーザーがコラボレーションするかたちでのMV制作プロジェクトをコミュニティ活動の柱として展開。本日募集を開始したのは、大ヒットを飛ばす楽曲「夜に駆ける」の楽曲を使ったARコンテンツ、ARミュージックビデオの制作を通じて音楽のxR表現を探求したいアーティスト/クリエイターです。ミートアップやワークショップを通じて、作品を制作していきます。

また、9月12日から10月31日をAR作品部門の作品公募期間として、「夜に駆ける」の楽曲、MV、原作から想起されるユーザー自身の原体験、原風景を取り込んだAR作品のエントリーを受け付け。11月1日から11月30日は映像作品部門として、AR作品部門で集まった作品をベースに撮影・編集した映像作品を募集するとのこと。いずれの部門もYOASOBIからの特典が提供される予定になっていますよ。

なお、 映像制作に利用したAR作品およびサンプルワークスは別途公開されるそうで、詳しくはSTYLY公式Twitterにて告知予定です( @STYLY_VR )。

無料で使える「夜に駆ける」用のアセットを公開

今回提供されるYOASOBI「夜に駆ける」の世界観をもとに、カスタマイズ可能な歌詞、エフェクトなど、誰でも無料で使える3Dアセットがクリエイティブツール「STYLY Studio」にて新たに公開されます。

「STYLY Studio」内に追加されたこれらのアセットを使えば、プログラミング・3Dモデリングの専門知識の必要なく、ウェブブラウザと想像力だけで自由にあなただけのARミュージックビデオを作ることが可能! 完成した作品は「STYLY Mobile」を通じて現実に空間作品を呼び出すこともOK。STYLYさんならではのアドバンテージですね!

追加したアセットの詳細な利用方法は9月7日(月)にSTYLY MAGAZINEにて公開されるそうなので、お見逃しのないようご注意ください!

概要

大ヒットを飛ばす楽曲「夜に駆ける」の楽曲を使ったAR作品、ARミュージックビデオの制作を通じて音楽のxR表現を探求したいアーティスト/クリエイターを募集します。

■募集アーティスト/クリエイター

・プロ、アマ、年齢問わずAR×MUSICの新たな表現に関心がある方
・作品の制作と作品エントリーを実施できる方

■スケジュール

NEWVIEW CYPHERは、コミュニティに参加するプレイヤー(参加アーティスト/クリエイター)枠とオーディエンス枠、作品投稿のみの作品公募枠が用意されています。

・プレイヤー(参加アーティスト/クリエイター)およびオーディエンス募集期間:
2020年8月19日(水)12:00~ 2020年9月10日(木)19:00

・AR作品部門作品投稿募集期間:
2020年9月11日(金)12:00~ 2020年10月23日(金)24:00
※投稿された作品は、NEWVIEW AWARDS 2020にも同時でエントリーされます

・映像作品部門は別途告知

■#Musicページ
AWRD:https://awrd.com/award/newview-cypher/tab/music

※その他は順次公開予定です。

WEB:https://newview.design/cypher/

YOASOBI

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年4月には1,000万回再生、7月には4,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、ストリーミング再生回数は7月に1億回を突破。第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説の漫画化が決定、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」をリリース。原作小説の書籍化も発表し、さらに展開の幅を広げている。

website:https://www.yoasobi-music.jp/profile
Twitter:https://twitter.com/YOASOBI_staff

ということで、まさかの大人気アーティストとのコラボ! 私個人的にも大好きな楽曲なのでとても楽しみです。残すところあと1つのジャンルの発表ですね! 今後の展開も目が離せません。(AI)

記事元:YOASOBIが楽曲「夜に駆ける」を提供 ジャンル特化のxR表現コミュニティ第5弾は、#MUSIC!ARを使ったユーザー参加型のMV制作プロジェクトを展開 -PRTIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/9/23追記 Oculus Quest 2の発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降H ...

2

【2020年8月3日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)