ニュース

バーチャル空間を活用した次世代事業の創出拠点、VRイノベーションタワー「NEUTRANS」にリニューアル

株式会社Synamonは1日、VRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」のブランドコンセプトやサービス名を刷新し、VRイノベーションタワー「NEUTRANS」にリニューアルすることを発表しました。

「NEUTRANS BIZ」がパワーアップ! 次世代事業の創出拠点に!

Synamon、HTC Viveトラッカー用ラケットを搭載したVRコンテンツ「ブラッククローバー~アスタの超絶猛特訓~」を開発

株式会社Synamonは18日、世界初(※プレスリリースによる表記)のHTC Vive「Viveトラッカー用ラケット」を搭載したVRコンテンツ「ブラッククローバー~アスタの超絶猛特訓~」を開発したこと ...

続きを見る

Synamonさんといえば、日本のXRスタートアップの老舗として2019年に「NEUTRANS BIZ」を引っさげ、VRコミュニケーションサービスを提供してきました。VRonが初めて紹介したのも2017年!

そんな「NEUTRANS BIZ」がこの度、新たにVRイノベーションタワー「NEUTRANS(ニュートランス)」として生まれ変わります。世界中どこからでも働けるオフィスやリモートでもリアルのような体験を可能にするトレーニング、開発予定の未来都市を見学できるプロモーションなど、バーチャル空間を活用した次世代事業の創出拠点を目指す、としています。

公式サイト:https://neutrans.space/

リニューアルの背景となったのは、やはり昨今のコロナ禍であります。

フィジカル空間における新たなビジネス課題が浮き彫りになった今、環境やワークスタイルに左右されないあらゆるビジネス活動ができる場を提供すべきであるとし、「いつでもどこからでもアクセスでき、あらゆるビジネス活動ができるバーチャル上のビジネス拠点」を目指し、VRイノベーションタワー「NEUTRANS」というコンセプトに変えたそう。

「VRイノベーションタワー」として、サービスそのものを「バーチャル空間であらゆるビジネス活動を可能にするVRビジネス施設」と位置づけることにより、ビジネス領域におけるリモートコミュニケーションにさらにフォーカスを当てているのがポイントです。

今回掲示されている使用例・エリアは以下の通り。


Office Area
リモートでも一体感を生み出し、実際に会っているような感覚を実現します。さらに、空間や3Dモデルを駆使することでリアル以上の対話を可能にします。


Training Center
特殊な環境や機械を再現し疑似体験をすることで、業務習得の効率化に加え、人件費や資材コストの削減、研修期間の短縮も期待できます。


Promotion Space
空間作成や3Dモデルの展示によりバーチャルならではの世界が作れます。また会場や日程の制約もない上に、世界中から集客が可能です。


Seminar Hall
3Dモデルの活用や視点切替などユニークな演出が可能。また、複数名が登壇するセッションはタイムラグも生じず効果的に実施できます。


360° Theater
360°画像や動画を活用し、工場見学や観光地ツアーなどを手軽に実現。高い臨場感による理解度の向上、移動や人件費などのコスト削減も期待できます。

けっこうエリアごとに明快なサービステイストができているようですね! これまでのコラボレーションを主体としたコミュニケーション機能からさらに一歩踏み出した内容になっています。これは今後の展開に期待したいところです!

記事元:バーチャル空間を活用した次世代事業の創出拠点、VRイノベーションタワー「NEUTRANS」にリニューアル -PR TIMES-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

2020/11/11追記 NrealLightの一般販売発表を受けて、記事内容を更新しました。 ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降 ...

2

【2020年10月26日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

いらすとやさんがこの記事ならではといわんばかりのイラストを公開されたので、使わせて頂きました。ホンワカするー(2018.5.24) 私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年 ...

-ニュース
-, , , , ,

© 2021 VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン)