ニュース

三友、KANDAO製・180度3D映像と360度映像が撮れる小型4KVRカメラ 「QooCam」の国内販売を8月中旬より開始

投稿日:

映像情報設備の企画開発・施工を手掛ける三友株式会社は30日、KANDAO社製180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」の日本国内での販売を、2018年8月中旬より開始することを発表しました。

「Obsidian」シリーズで知られるKANDAO社が投入したコンシューマ向けVRカメラ、いよいよ日本上陸

エヌジーシー、KANDAO社製360度3DVRカメラ「Obsidian」シリーズの販売を開始

  株式会社エヌジーシー(東京都千代田区)は9日、中国のKANDAO Technologyと代理店契約を締結し、同社が開発・製造する360度3D撮影が可能なVRカメラ「Obsidianシリー ...

続きを見る

今回ご紹介する「QooCam」は、中国のKANDAO社が開発・リリースしているVRカメラです。6つのレンズを内蔵し360度3DVR撮影を可能にしている「Obsidianシリーズ」などのリリースで知られます。

そんなKANDAOさんが日本国内の正規販売代理店であります三友株式会社さんを通じて日本で発表するのが、今回の「QooCam(クーカム)」です。こちらが公式のトレーラー映像。

3つのレンズで「360度2D」「180度3D」の撮影を実現!

QooCamの最大の特徴は、カメラに搭載された3つのレンズを組み合わせて、180°の3DVR映像や360°の2D映像をこれ一つで撮影することができるという点にあります。以下が解像度のスペック。

  • 3D 180°ビデオ収録 (3840×1920/30fps)
  • 3D 180°フォト収録 (4320×2160)
  • 2D 360°ビデオ収録 (3840×1920/60fps,30fps)
  • 2D 360°フォト収録 (4320×2160)
  • 120fps&スローモーション機能 (2D 360°/1920×1920)

動画を見て頂ければお分かりの通り、前面に2つ、背面に1つのカメラがついておりまして、縦の状態で360度撮影、さらにカメラの部分を回して鍵状にすることで、前面の2つのカメラを使った180度3D撮影に対応させる、という仕組みになっています。

また、360度・180度双方のモードでWi-Fi接続・ライブストリーミングに対応している他、強力なスタビライゼーション(手振れ補正)、さらには、KANDAOさんお得意の「立体視に基づいた深度マップ」(Super Depth)を生成させることで、後追いのフォーカス調整(リフォーカス機能)を可能にしています。

今年の5月にKickStarterにて30,000米ドルのゴール設定でクラウドファンディングを行い、実に500,000ドル以上もの資金を集めて堂々とゴール。あとは8月からの出荷開始を待つばかりという状態でした。

既に多くの賞を受賞しているVRカメラが、なんと49,800円(税抜)

実はこの「QooCam(クーカム)」、すでに…

  • iFデザインアワード2018
  • CESイノベーションアワード2018
  • Red Dot アワード2018
  • エジソンアワードシルバー受賞2018

といった賞を獲得しておりまして、各地で注目を浴びております。そんなこちらの商品、お値段がなんと!「49,800円(税抜)」。あきらかにコンシューマーを狙った価格設定になっています。以下仕様!

  • サイズ      :2.5cm×3.1cm×19.9cm(横幅×奥行き×高さ)
  • 重量       :170g
  • バッテリー    :2600mAh(5V1A)
  • 充電方法     :Micro-USB
  • 連続駆動時間   :最大3時間 (連続撮影)
  • 記録媒体     :Micro SD Card(最大256GB) ※別売り

気になる販売時期は8月中旬だそう。また、9月上旬には発売記念のイベントも開催される他、10月に開催されます「CEATEC JAPAN」でも出展予定だそうでございまして、これは注目したいところですね。9月上旬のイベントについては三友さんの公式サイト(http://www.mitomo.co.jp/)をご参照ください。

Googleが「VR180」の規格を発表して以降「180度3DVR」に対応するカメラが続々とリリースされておりますが、ここへきて360度2D撮影との合わせ技を持つカメラの登場が続きました。先日ご紹介した…

HumanEyes、ボタン一つで180度3D / 360度2D撮影が切り替えられるVRカメラ「Vuze XR」を発表

イスラエルのHUMANEYES TECHNOLOGIESは現地時間で19日(日本時間で20日)、折りたたむことで360度2D撮影もできる180度3DVRカメラ「Vuze XR」を発表しました。 360 ...

続きを見る

もその一つ。お値段も似た感じってあたりが、この仕様における大体のベースラインなのであろう印象を受けます。

そんな中において今回の「QooCam(クーカム)」は特に機能面・スペック面において個性的な感じ。256GBまでのSDカード対応や、KANDAOさんならではのSuper Depth機能が非常に目立ちますね。今後もこのような「コンシューマ向けデュアル対応VRカメラ」のリリースが続きそう。引き続き要注目です!

記事元:180度3D映像と360度全球映像が撮れる小型4KVRカメラ 「QooCam」の国内販売を2018年8月中旬に開始! -@Press-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

こんにちわこんばんわ。81plusです。 寒いけど晴れたので、会社のベランダにGear VRを乗っけて撮影してみました。VRゴーグルのある日常、みたいな。 先日、私の友人からこんな質問をされました。 ...

2

【2018年10月18日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus Riftや ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2018 All Rights Reserved.