ニュース

バーチャルキャスト、3Dアバター・3Dデータ投稿プラットフォーム「THE SEED ONLINE」を発表、来年2月からスタート

投稿日:

3Dアバター規格「VRM」の策定・普及を目的とした共同事業体 「VRMコンソーシアム」 2019年2月の設立を目指し準備会が発足

いやあ……、昨日・今日とVTuber(3Dアバター)周りでドデカイ発表が立て続けにありまして、正直右往左往しております! とにかく、まずは昨日発表されたこちらから。 IVR、株式会社エクシヴィ、株式会 ...

続きを見る

ピクシブ、3Dキャラクターのためのプラットフォーム「VRoid Hub」をスタート。SHOWROOM Vなどが早速連携を発表

昨日発表されましたVRMコンソーシアム、この流れに乗るかのように「VRM形式」をベースにした新サービスが発表されました! それが……こちらです! ピクシブ株式会社は21日、作成した3Dキャラクターのモ ...

続きを見る

もう今日はてんやわんやの大騒ぎですよ。たぶんですけど、2018年12月20~21日は、3Dアバターの歴史において重要な1ページを残すことになるんじゃないかと! そんな日の3記事目です!

株式会社バーチャルキャストは21日、VR向け3Dアバターファイルフォーマット「VRM」で作成された3Dキャラクターおよび 3Dデータ(アイテム、背景等)をアップロードし、各種VRサービスや連携アプリ共通で利用できる流通プラットフォーム「THE SEED ONLINE(ザ・シードオンライン)」を、2019 年 2 月中旬に提供開始することを発表しました。

「ソードアート・オンライン」の「THE SEED」を冠にした、新たなサービスが発表

今回発表された「THE SEED ONLINE」は、「作って(作成)、あつめて(投稿・流通)、VR 空間であそべる(自由な使用)をワンストップで」と銘打たれた、3Dデータ流通プラットフォームです。

「VRM」形式のアバタ―や、3Dアイテムなどのあらゆるデータをアップロードすることで、各種 VR サービスや連携アプリ内の共通データとして利用することができるようになるのが大きな特徴。

複雑な動作をプログラムできるアイテムや、背景等の投稿もできる仕組みを準備しているほか、投稿されたデータを「THE SEED ONLINE上」で販売することも可能にするそうです(ストア機能については、2019年春のサービス開始をめどに鋭意開発中)!

これにより、「作って(作成)」「集めて(投稿・流通)」「VR空間で遊べる(自由な使用)」という、VRを楽しむための体験すべてをこのプラットフォーム上で実現することができる、としています。

来年2月のサービス開始時に対応するプラットフォームとして、

  • 同社の「バーチャルキャスト」
  • 株式会社ドワンゴと株式会社S-court 共同で提供している「カスタムキャスト
  • SHOWROOM株式会社が提供する「SHOWROOM V

がすでに発表されています。プラットフォームの枠を超えた自由なコラボレーションを実現することで、サービスの垣根を超えたユーザー体験を提供するとのことです。

サービス名称の由来は、『ソードアート・オンライン』作中に登場する「ザ・シード」。さまざまなVRプラットフォームへ行き来するための基盤として開発するべく、この名前を冠したそうです。命名にあたり『ソードアート・オンライン』著者の川原礫先生から許諾を得ていらっしゃるそうで、このことからも本サービスへの本気度と、情熱の高さが伺えます。

VRMだけでなく、glb(glTF)など他のデータ形式にも対応。今後は販売流通や著作権益を保護する機構の開発など様々なアップデートを予定!

今後は連携プラットフォームやサービスを随時増やしていきながら……

  • 「アバター」「3Dデータ・アイテム」、そしてそれらを組み合わせた「ギミック」を作り込めるプログラミング環境の提供
  • さまざまなプラットフォームで使用できる「遊び」をつくり、流通できる仕組みの提供
  • 投稿された3Dデータの複製や再利用を防止し、著作権益を保護する機構の開発
  • 3Dデータ資産を持つゲームメーカーやIP権利者と提携し、 3D/AR/VR/MRサービスで使える3Dデータの流通及び収益化

といったアップデートを目指すそうです。また、上の表にもありますように取り扱うデータ形式はVRMだけでなく、クロノス・グループが策定しているglb(glTF)など他の形式にも対応するそうでございまして、まさに「3Dデータのマーケットプラットフォーム」へ進化していきそうな勢いですね!

というわけで……、今日21日は3Dアバターだけでなく、3Dデータを軸にした新サービスの発表が相次いだ一日でございました。来年に向けて嬉しいニュースが続いてますね! 遠い将来、2018年が「3Dアバター元年」と呼ばれる時が来るんでしょうか……! 今後に注目していきましょう!

記事元:株式会社バーチャルキャスト プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オススメ記事

1

ちまたには非常にたくさんの種類の「ヘッドマウントディスプレイ(Head Mount Display、以降HMD) / VRヘッドセット / VRゴーグル」が販売または配布されていますが、これらをザッと ...

2

【2019年2月1日版】日本各地で展開されている、VR体験・AR体験が可能なアトラクション・スポットの情報を、VRonが発見した順に随時纏めています。取り上げているのは、 Oculus RiftやHT ...

3

私共VRonWEBMEDIA、記事を書き始めてからもうすぐ1年と半年が経とうとしております。この間、皆様からの御支援の下様々な記事を書かせて頂いたのですが、1年半経過して現在でも、ダントツで一番多くの ...

-ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© VRonWEBMEDIA(ヴイアール・オン) , 2019 All Rights Reserved.